Hostess Entertainment Unlimited

Releasesリリース情報

CHVRCHES - Love Is Dead - Japan Deluxe Edition

Love Is Dead - Japan Deluxe EditionbyCHVRCHES

アーティスト名チャーチズ
タイトルラヴ・イズ・デッド ─ ジャパン・デラックス・エディション
発売日2018.09.14
品番HSE-6864
レーベルHostess Entertainment
価格2,500円+税

■日本独自企画盤
■ボーナストラック4曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
TRACK LIST

01. Graffiti
02. Get Out
03. Deliverance
04. My Enemy (feat. Matt Berninger)
05. Forever
06. Never Say Die
07. Miracle
08. Graves
09. Heaven/Hell
10. God's Plan
11. Really Gone
12. ii
13. Wonderland
14. Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ
※ボーナストラック4曲収録予定

チャーチズ待望の新作『ラヴ・イズ・デッド』に水曜日のカンパネラをフィーチャリングした新曲「Out Of My Head」を収録したデラックス・エディションがリリース!!

「私たちチャーチズにとって日本は常に特別な場所であり続けていて、そんな日本のファンに向けてこの特別な楽曲を届けられることをとても嬉しく思います。コムアイさんは力強く個性的な声を持っていて、彼女の一個人としての立ち振る舞いを私はとても尊敬しています。そんな彼女が、楽曲のコラボレーションを引き受けてくれて大変光栄に思います。」ローレン・メイベリー(Vo)


「チャーチズのローレンから、強い気持ち、怒りをぶつけてくれ!と言われていたのですが、いま25歳で、周りの環境も整ってきて、怒りで泣きそうになることじたい、少なくなったなと思います。ただ、自由を手に入れたはずなのに、まだ世界を変えられない、人生に安心はできない、宙ぶらりんな自分とこの時代に、喝を入れたい気がして、書いてみました。川崎とグラスゴー、忌野清志郎とデヴィッド・ボウイ、枝豆とフィッシュ&チップス。」(コムアイ)


チャーチズ待望の新作『ラヴ・イズ・デッド』に水曜日のカンパネラのフィーチャリングした新曲「Out Of My Head」を収録したデラックス・エディションがリリース!!


2013年9月に『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』でデビューを飾ると全英チャート初登場9位(10/5付)、全米チャート12位(インディー1位)(10/12付) を記録。日本でもサマーソニックやHostess Club Weekender出演に加え、単独公演を行うなどブレイクを果たした。2015年9月にはセカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』をリリース。2016年2月に開催した一夜限りの東京公演はソールドアウトとなった。
そしてリリースされる待望の新作は、アデルやベックを手がけ、先日開催されたグラミー賞にて2年連続でプロデューサー・オブ・ザ・イヤーを受賞したグレッグ・カースティンを迎え制作。マスタリングはリアーナやマッシヴ・アタックを手がけたクリス・ジェイリンガー、ミキシングはU2、マドンナ、ビョークを手がけたスパイク・ステントと、名実ともに世界トップのエンジニアが担当をした。
初となるプロデューサーを迎えての制作についてバンドは「グレッグと共に制作するのはこれまで私たちがやってきたこととは全く違いますが、彼がずっとバンドにいたかのように心地よくも感じました。」と話している。
その結果誕生したのが「これまでで最もポップな作品(ローレン)」という本作。過去2作でも優れたポップ・ソングを多く生み出してきた彼らだが、今作ではグレッグの手により、一層磨き上げられヒップホップやR&Bが席巻している世界のメインストリームのど真ん中にくい込むポテンシャルを持った作品は全英7位 / 全米11位を記録した。


フジロックフェスティバルではホワイトステージのトリを見事なステージを披露!一時はTwitterのトレンドで1位になるなど話題となった。
そんな彼らがフジロック後の8月3日に突如水曜日のカンパネラをフィーチャリングした新曲「Out Of My Head」を発表。全編アニメーションのミュージックビデオと共に世界中を驚かせた。


そしてこの度新曲「Out Of My Head」を収録した日本盤デラックス・エディションがリリース!この楽曲がフィジカルで手に入るのは日本盤のみとなっているので是非手に入れて欲しい。