Hostess Entertainment Unlimited

Releasesリリース情報

Editors - Violence

ViolencebyEditors

アーティスト名エディターズ
タイトルヴァイオレンス
発売日2018.03.09
品番HSE-4452
レーベルPlay It Again Sam / Hostess
価格2,400円+税

※ボーナストラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Cold
02. Hallelujah (So Low)
03. Violence
04. Darkness At The Door
05. Nothingness
06. Magazine
07. No Sound But the Wind
08. Counting Spooks
09. Belong

ボーナストラック
01. The Pulse (Oxford)

デビュー・アルバムとセカンド・アルバムが共に全英1位を獲得した5人組ロックバンド、エディターズによる6作目!!

2015年に発売され全英トップ5にランクインした前作『イン・ドリーム』に続く、エディターズにとって6作目となる『ヴァイオレンス』が3月9日(金)に発売となる。
今作の共同プロデュースを手掛けたのはレオ・エイブラハムズ(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ワイルド・ビースツ、カール・バラー、カール・ハイド)、そしてミキサーにはセンゾ・タウンゼントとアラン・モウルダーが名を連ねる。
アルバムからのリード曲「Magazine」についてフロントマンのトム・スミスは話す。
「この曲は権力を持った奴ら...汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てた曲。そして役になりきって皮肉を込めてそういった権力に執着した観衆の前で演奏するということ。」
その力強いサビを持つアンセミックなポップ・ソングを聴けば、ニュー・アルバムにかかる期待がますます膨らみ、さらに、いかにバンドがこの夏いくつもの大きなステージに立つのかが目に浮かぶ。
なおエディターズは7月にはザ・キュアーのロンドンのハイドパーク公演をサポートを務めることが決定している。