Hostess Entertainment Unlimited

Releasesリリース情報

Tom Rogerson with Brian Eno - Finding Shore

Finding ShorebyTom Rogerson with Brian Eno

アーティスト名トム・ロジャーソン・ウィズ・ブライアン・イーノ
タイトルファインディング・ショア
発売日2017.12.20
品番HSE-6546
レーベルDead Oceans / Hostess
価格2,100円+税

※ボーナス・トラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Idea of Order at Kyson Point
02. Motion in Field
03. On-ness
04. March Away
05. Eastern Stack
06. Minor Rift
07. The Gabbard
08. Red Slip
09. Quoit Blue
10. Marsh Chorus
11. An Iken Loop
12. Chain Home
13. Rest

インストゥルメンタル・ノイズバンド、スリー・トラップト・タイガースのトム・ロジャーソンがブライアン・イーノと共に制作した初のソロ・アルバムをリリース!

トム・ロジャーソンはイギリス南東部に位置するサフォーク生まれのインプロ・ピアニスト、キーボーディスト。数々の才能溢れる音楽家を輩出してきたイギリスの王立音楽アカデミーにて、世界的な現代音楽家ハリソン・バートウィッスルに師事するなど音楽を学びながら、クラシック音楽家として型にはまることに違和感を覚えインプロの可能性の模索してきた。ホテルのラウンジピアニストやNYでジャズを演奏するなど、様々な経験を経てインストゥルメンタル・ノイズバンド、スリー・トラップト・タイガースをスタート。NME誌にネクスト・バトルズと評されるなど高い評価を獲得してきた。
そんな彼がライブの後に偶然トイレでブライアン・イーノと出くわしたことから、このレコードの制作はスタート。イーノも彼と同じくサフォークの出身であったことから意気投合。イーノはトムが即興で弾いたピアノのフレーズをカットアップしたり、ループさせたりしながらレコーディングは進んでいった。
その結果完成したアルバムは「幼い頃に家族のピアノでCメジャーを繰り返し弾いていた頃の自分に戻ったようだよ。回り道をして長い月日がかかったけど、ようやくあの頃の自分に戻ってこれたね。」(トム・ロジャーストン談)だという。イーノにより才能が開花した傑作がここに誕生した。