Hostess Entertainment Unlimited

Releasesリリース情報

Dropkick Murphys - 11 Short Stories Of Pain and Glory

11 Short Stories Of Pain and GlorybyDropkick Murphys

アーティスト名ドロップキック・マーフィーズ
タイトルイレブン・ショート・ストーリーズ・オブ・ペイン・アンド・グローリー
発売日2017.01.06
品番HSE-3884
レーベルBorn & Bred / Hostess
価格2,400円+税

※ボーナストラック1曲、メンバーによる直筆メッセージ、歌詞対訳、ライナーノーツ(大野俊也)付

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

1. The Lonesome Boatman
2. Rebels With A Cause
3. Blood
4. Sandlot
5. First Class Loser
6. Paying My Way
7. I Had A Hat
8. Kicked To The Curb
9. You'll Never Walk Alone
10. 4-15-13
11. Until The Next Time
12. Sandlot (Acoustic Version)*
*日本盤ボーナストラック

7人組アイリッシュ・パンク・バンド、ドロップキック・マーフィーズの9作目となるアルバム登場!

ドロップキック・マーフィーズの音楽はユニバーサルなものだ。ありふれた人間のための、ありふれた出来事についての曲。それが猛烈な激しさとやみつきになるメロディと一緒になって、聞いた全ての者をうちのめす。ドロップキック・マーフィーズは、彼らが獲得した"パンク"や"ブルーカラー"といったレッテルと同様に、素晴らしいソングライターの集まりなのである。彼らは、彼らが敬愛するウディ・ガスリーや、彼らの友人のブルース・スプリングスティーンと同じことを追求している。それは、どうすればスピーカーの向こう側に、世界中の人々の骨身に沁みるような大きな"真実"を出すことができるかというものだ。

2008年にはマキシマム ザ ホルモンと北米ツアーをまわり、また同年開催された来日公演でも両バンドはステージを共にしている。そんな彼らが、2017年1月には4年ぶり9作目となる『イレブン・ショート・ストーリーズ・オブ・ペイン・アンド・グローリー』をバンドの自主レーベルBorn & Bred Recordsからリリースする。従来のファンがガッカリすることない、彼らのシグネチャー・サウンドであるアイリッシュ/ケルティック音楽に仕上がっているので、今回も期待できそうだ。バグパイプ、バンジョー、マンドリン、アコーディオンなどが用いられたケルティック・パンクをお楽しみに!