Hostess Entertainment Unlimited

Releasesリリース情報

American Football - American Football

American FootballbyAmerican Football

アーティスト名アメリカン・フットボール
タイトルアメリカン・フットボール
発売日2016.10.21
品番HSE-3756
レーベルWichita / Hostess
価格2,490円+税

※日本盤はボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(天井潤之介)付

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Where Are We Now?
02. My Instincts Are the Enemy
03. Home Is Where the Haunt Is
04. Born to Lose
05. I've Been So Lost for So Long
06. Give Me the Gun
07. I Need a Drink (or Two or Three)
08. Desire Gets in the Way
09. Everyone Is Dressed Up
10. Letters & Packages (Live in Tokyo)*
11. You Know I Should Be Leaving Soon (Live in Tokyo)*
*日本盤ボーナストラック

マイク・キンセラ率いる伝説のエモ/ポスト・ロック・バンド、アメリカン・フットボールが、17年ぶりの新作を完成!

エモ界のレジェンド、アメリカン・フットボールが、1999年リリースのデビュー・アルバム以来、17年ぶりとなる新作をリリースすることが決定!

1999年にPolyvinyl Recordsよりセルフ・タイトル・デビュー・アルバムをリリースして間もなく、バンドは解散を発表。それまで学園祭や小規模なクラブでしかライヴを行なっていなかったにも関わらず、未だに彼らの作品はPolyvinyl Recordsのベスト・セラー作品であり、さらには、音楽サイトNoiseyが"当時最も影響を与えたロック・アルバム"と呼んだり、Stereogumにおいては"一時的な成功者にも関わらず、あれほどまでに多くの人とつながることのできたバンドはアメリカン・フットボール以外にいないだろう"とまで言い切ったほど、彼らの残した爪あとは大きく、2014年に突如15年ぶりとなるライヴを行なうとなった時には、NYでの3公演が数時間で完売。

そしてついに17年ぶりとなる新作が完成。再びセルフ・タイトルとなった今作は、馴染みのある道なりから思いがけず遠回りしてみるような作品に仕上がっている。今作は、アメリカン・フットボールと、ジェイソン・カップ(アヴリル・ラヴィーン、フィンチ、ジミー・イート・ワールド、Sum 41、エヴァネッセンス等)によるプロデュースで、オマハのARCおよびシカゴのシャーク・スタジオにてレコーディングされた。