Hostess Entertainment Unlimited

Releasesリリース情報

J Dilla - The Diary

The DiarybyJ Dilla

アーティスト名J・ディラ
タイトルザ・ダイアリー
発売日2016.04.27
品番HSE-5060
レーベルMass Appeal / Hostess
価格2,400円+税

※翻訳ライナーノーツ(イーセン・アラパット(Estate of James Yancey クリエイティヴ・ディレクター)、ロニー・リース)
※ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(大前 至)付
※英語詞と 日本語歌詞対訳が封入されているのは日本盤のみ!

【廃盤 / 取扱終了】

TRACK LIST

01. The Introduction [produced by House Shoes / additional production by J Dilla]
02. The Anthem feat. Frank And Dank [produced by J Dilla]
03. Fight Club feat. Nottz And Boogie [produced by Waajeed]
04. The Shining Pt. 1 (Diamonds) feat. Kenny Wray [produced by Nottz]
05. The Shining Pt. 2 (Ice) [produced by Madlib]
06. Trucks [produced by J Dilla]
07. Gangsta Boogie feat. Snoop Dogg And Kokane [produced by Hi-Tek]
08. Drive Me Wild [produced by Karriem Riggins]
09. Give Them What They Want [produced by J Dilla]
10. The Creep (The O) [produced by Hi-Tek]
11. The Ex feat. Bilal [produced by Pete Rock]
12. So Far [produced by Supa Dave West]
13. Fuck The Police [produced by J Dilla]
14. The Diary [produced by Bink!]
15. The Sickness feat. Nas [produced by Madlib] *
16. The Doe [produced by Supa Dave West] *
* ボーナストラック

ヒップホップ界の重鎮NAS(ナズ)が主宰するレーベル<Mass Appeal>が伝説的プロデューサー、J・ディラの未発表ヴォーカル・アルバムを世界同時リリース!

ファレル・ウィリアムスを始めカニエ・ウェスト、 ジャスティン・ティンバーレイク等大物アーティストが影響を受けた事やファンである事を公言している伝説のヒップホップ・プロデューサー、J・ディラ。彼の伝説は没後10年が経った現在のヒップホップ/ビート・シーンにおいても最大級の影響を与え続けている。

2006年に病気の為、惜しまれつつ他界した彼は、90年代後半からスラム・ ヴィレッジのメンバーとしての活動の他、2000年前半までプロデューサーとしてザ・ファーサイド、ア・トライブ・コールド・クエスト、バスタ・ライムス、デ・ラ・ソウル、Qティップ、コモン、エリカ・バドゥ、ディアンジェロ等のプロダクション、ジャネット・ジャクソンやモス・デフ等のリミックスを手掛けてきた。

ヒップホップ界の重鎮NAS(ナズ)が主宰するレーベル<Mass Appeal>から発表される本作『ザ・ダイアリー』は、スタジオ・プロデューサー/ヒット・メーカーとして 知られてきたJ・ディラが活動拠点をデトロイトからロサンゼルスに移す際に保管されたレコーディング音源から<Stones Throw>のマネージャー、イーセン "Egon" アラパットが2トラック・ミックスやマルチ・チャンネル収録から10年を費やし編集。
プロダクションにはJ・ディラ、マッドリブ、ピート・ ロック等が関わり、スヌープ・ドッグ、コケイン、 ビラルなどのゲスト・アーティストが参加したヴォーカル・アルバムとなっている。

更に2016年3月に米テキサスで開催された音楽祭SXSWでサプライズ公開された、NASをフィーチャーした話題の楽曲「The Sickness」を含む2曲が日本盤CDとiTunesボーナストラックとして収録されることが決定!