Hostess Entertainment Unlimited

Releasesリリース情報

Bloc Party - HYMNS

HYMNSbyBloc Party

アーティスト名ブロック・パーティー
タイトルヒムズ
発売日2016.01.29
品番HSE-3500
レーベルInfectious / BMG / Hostess
価格2,490円+税

※ボーナストラック(6曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ(上野功平)付

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. The Love Within
02. Only He Can Heal Me
03. So Real
04. The Good News
05. Fortress
06. Different Drugs
07. Into The Earth
08. My True Name
09. Virtue
10. Exes
11. Living Lux
12. Eden*
13. New Blood*
14. Paraíso*
15. Evening Song*
16. The Love Within (Hostess Club Weekender Live / Nov 23rd 2015) *
17. The Good News (Hostess Club Weekender Live / Nov 23rd 2015) *
* ボーナストラック

世界的セールス100万枚を超えるブロック・パーティー、3年半振り5thアルバムが完成!

賛美歌を意味する『ヒムズ』と名付けられた 3年半振り待望の新作は、新たな4人体制となったブロック・パーティーにとって初めてのアルバム。今作についてオリジナル・メンバーの一人であるギタリストのラッセルは次のように語る。「元々ブロック・ パーティーはケリーと僕が2人で曲を書き始めたことからスタートした。その後他のメンバーが徐々に追加され、バンドと成長した。だからあの当時に戻ったみたいなんだ」。2014年から再び2人で曲を書き始めたというラッセルとケリー。新メンバーの2人はそれぞれ異なったステージでバンドに加わり、ブロック・パーティーはまた4ピース・バンドに成った。
今作のコンセプトはヴォーカルのケリーが幼い頃から尊敬してやまない作家ハニフ・クレイシのスピーチをロンドンで拝聴したことがもとになっているという。
「『マイ・ビューティフル・ランドレット』や『インティマシー/親密』の作家が福音主義的芸術がいかにイケてないかを語っていたんだ。それはすごく印象的だった。なぜなら僕にとっての音楽は宗教的な場所から誕生していた。最初に聴いた音楽は学校での賛美歌だったからね。そこで考えたんだ。もし僕がスピリチュアルな側面を持った音楽、僕や僕が大切とするもの全てにとって神秘的な音楽を作るとしたら、どうするか?って」。
その結果は、バンドの成長や変化が大いに表れた作品だった。新しいアプローチから新しいサウンドを取り入れ、より自由なブロック・パーティーを誕生させたのだ。サウンド的にもケリーとラッセルにとって新しい旅立ちのような今作は、エレクトロ・ミュージックの影響を受け、それを全く異なった環境でバンドなりに表現したという。ラッセルはギターを使ってホワイト・ノイズを出したり、メロディックな音を奏でたりした。その仕上がりには一同大満足のようで、早くファンに聴かせたくて仕方がないという。
日本盤には2015年11月開催のHostess Club Weekenderにヘッドライナーとして出演した際の音源2曲を含む全6曲のボーナストラックを収録。