Pixies

Pixies

RELEASE

伝説のロックバンド、ピクシーズが23年振りにカムバック!ピクシーズの不朽の名作『ドリトル』の豪華3枚組25周年アニヴァーサリー・エディションがリリース!

DISC1は『ドリトル』オリジナル・アルバム、DISC2は超貴重なセッション音源とBサイドトラック、DISC3はアルバムのデモ音源 + ボーナストラック7曲収録!

Pixies - Doolittle 25

Pixies(ピクシーズ)
Doolittle 25(ドリトル25)

BGJ-10224 (BGJ-10225/BGJ-10226)
2015.01.07(水)発売/2,743円+税
■完全生産限定盤、応募特典付きハガキ封入
■歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
<日本盤トラックリスト>
(DISC 1 / Doolittle)
  1. Debaser
  2. Tame
  3. Wave of Mutilation
  4. I Bleed
  5. Here Comes Your Man
  6. Dead
  7. Monkey Gone to Heaven
  8. Mr. Grieves
  9. Crackity Jones
  10. La La Love You
  11. No. 13 Baby
  12. There Goes My Gun
  13. Hey
  14. Silver
  15. Gouge Away
(DISC 2 / Peel Sessions & B-Sides)
  1. Dead (Peel Session)
  2. Tame (Peel Session) ★
  3. There Goes My Gun (Peel Session)
  4. Manta Ray (Peel Session)
  5. Into The White (Peel Session) ★
  6. Wave of Mutilation (Peel Session)
  7. Down To The Well (Peel Session)
  8. Manta Ray
  9. Weird At My School
  10. Dancing The Manta Ray
  11. Wave of Mutilation (UK Surf)
  12. Into The White
  13. Bailey's Walk
★:未発表音源
(DISC 3 / Doolittle Demos)
  1. Debaser
  2. Tame ★
  3. Wave of Mutilation (First Demo) ★
  4. I Bleed ★
  5. Here Comes Your Man (1986 Demo) ★
  6. Dead ★
  7. Monkey Gone To Heaven ★
  8. Mr. Grieves ★
  9. Crackity Jones ★
  10. La La Love You ★
  11. No. 13 Baby - Viva La Loma Rica (First Demo) ★
  12. There Goes My Gun ★
  13. Hey (First Demo) ★
  14. Silver ★
  15. Gouge Away ★
  16. My Manta Ray Is All Right(ボーナストラック)★
  17. Santo(ボーナストラック)★
  18. Weird At My School (First Demo)(ボーナストラック)★
  19. Wave Of Mutilation(ボーナストラック)★
  20. No. 13 Baby(ボーナストラック)
  21. Debaser (First Demo)(ボーナストラック)★
  22. Gouge Away (First Demo)(ボーナストラック)★
★:未発表音源

伝説のロックバンド、ピクシーズが23年振りにカムバック!伝説のロックバンド、ピクシーズが23年振りにカムバック!

  • 91年の4thアルバム『トゥロンプ・ル・モンド』から23年の歳月を経て遂に最新作をリリース!
  • 長年のコラボレーターでピクシーズ作品を手掛けてきたギル・ノートンがプロデュース!
  • カート・コバーン(ニルヴァーナ)、ボノ(U2)、レディオヘッドなど国内外を問わず数多くのアーティストが影響を公言!
Pixies - Indie Cindy

Pixies(ピクシーズ)
Indie Cindy(インディ・シンディ)

HSE-30333/2014.4.23(水)発売/2,371円+税
■日本先行発売 ■ボーナストラック2曲
■歌詞対訳、ライナーノーツ(大鷹俊一)付
■iTunesは高音質Mastered For iTunes仕様で配信中!

  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • amazonで購入
  • iTunesで購入
<日本盤トラックリスト>
  1. What Goes Boom
  2. Greens And Blues
  3. Indie Cindy
  4. Bagboy
  5. Magdalena 318
  6. Silver Snail
  7. Blue Eyed Hexe
  8. Ring The Bell
  9. Another Toe In The Ocean
  10. Andro Queen
  11. Snakes
  12. Jaime Bravo
  13. Monkey Gone To Heaven (Live in the USA 2014) *
  14. Nimrod's Son (Live in the USA 2014) *
*日本盤ボーナストラック
<iTunesデラックス・ヴァージョン・トラックリスト>
  1. What Goes Boom
  2. Greens And Blues
  3. Indie Cindy
  4. Bagboy
  5. Magdalena 318
  6. Silver Snail
  7. Blue Eyed Hexe
  8. Ring The Bell
  9. Another Toe In The Ocean
  10. Andro Queen
  11. Snakes
  12. Jaime Bravo
  1. Bone Machine (Live in the USA 2014)
  2. Hey (Live in the USA 2014)
  3. Ana (Live in the USA 2014)
  4. Magdalena 318 (Live in the USA 2014)
  5. Snakes (Live in the USA 2014)
  6. Indie Cindy (Live in the USA 2014)
  7. I've Been Tired (Live in the USA 2014)
  8. Head On (Live in the USA 2014)
  9. The Sad Punk (Live in the USA 2014)
  10. Distance Equals Rate Times Time (Live in the USA 2014)
  11. Something Against You (Live in the USA 2014)
  12. Isla De Encanta (Live in the USA 2014)
  13. Planet Of Sound (Live in the USA 2014)

国内外を問わず数多くのアーティストが影響を公言!

国内外を問わず数多くのアーティストが影響を公言!
  • 「ピクシーズ23年ぶりの新作。アルバムはEP1、EP2、EP3をまとめたもので、その3枚をもっている人には「え?!」って感じだが、今回のアルバムを聴くと、全体でしっかりピクシーズになっている。EPで分けて聴いてたのとは印象が違う。一瞬の気紛れか、継続するのか不明だが、ピクシーズの再活動には懐かしさと喜びを感じる。」Koji Nakamura
  • 「学生時代、ピクシーズが僕の人生を変えたんだ」トム・ヨーク(レディオヘッド)
  • 「アメリカで最も偉大なバンドの一つ」ボノ(U2)
  • 「80年代に置いて最も説得力のある音楽」デヴィッド・ボウイ
  • 「"スメルズ・ライク・ティーン・スピリット"は究極のポップソングを書こうとして、基本的にはピクシーズの真似をしようとしていたんだ」カート・コバーン(ニルヴァーナ)
  • 「フランク・ブラックは俺のヴォーカル・ヒーロー。そして彼は俺が知っている中で最高のソングライターだよ」デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)
  • 「バンドを始めたころはピクシーズみたいなサウンドになりたかったんだ」デーモン・アルバーン(ブラー)
  • 「僕がLAに移住してクールな音楽を探していた時、ピクシーズにブッ飛ばされたんだ」リヴァース・クオモ(ウィーザー)
  • 「80年代のレコードの中でカート・コバーンの一番のお気に入りがピクシーズの『サーファー・ローザ』なんだ」ケビン・キャメロン(NME)

PROFILE

Pixies

Black Francis : Vocalブラック・フランシス:ヴォーカル Joey Santiago : Guitarsジョーイ・サンティアゴ:ギター David Lovering : Drumsデイヴィッド・ラヴァリング:ドラムス

86年、ブラック・フランシス(Vo)、キム・ディール(B/Vo)、ジョーイ・サンティアゴ(G)、デイヴィッド・ラヴァリング(Dr)により米ボストンで結成。現在までに5枚のアルバムを発表。シーンを牽引し、カート・コバーン等その後のアーティストに多大なる影響を与えた。93年に一度解散するが04年に再結成しフジロック、サマソニに出演。13年にキム・ディールが脱退。新曲を収録したEP1、EP2、EP3を発表。14年4月、23年振りとなるニューアルバム『インディ・シンディ』をリリースする。