Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2019.06.26新体制になり再始動!Joy Oppositesが新EP『Bad Phase』を7月10日に配信リリース!

新体制になり再始動!Joy Oppositesが新EP『Bad Phase』を7月10日に配信リリース!

新体制になり再始動!Joy Oppositesが新EP『Bad Phase』を7月10日に配信リリース!タイトルトラック「Bad Phase」のオーディオ・ビデオも公開!

昨年、オリジナルメンバー2名が脱退し新体制となったJoy Oppositesが、新EP『Bad Phase』を7月10日(水)に配信リリースすることを発表した。本作には、本日より先行配信されたタイトル・トラック「Bad Phase」を含むオリジナル曲3曲と、アリス・イン・チェインズやビリー・アイリッシュなどのカバー曲4曲が収録されている。


本作には、"ひとつの時代の幕を閉じ、新たな扉を開く"をいう意味が込められている。2人体制になったことで"バンド"という枠組みでの音作りに囚われず、自由に楽曲制作に取り組んだ。本EPでは、バンドの自室でレコーディングを行い、バンド自らがミックスを行うなど、これまでよりもDIYなアプローチで楽曲制作に取り組んだ。ヴォーカルのアダムは「エレクトロニックなビートやシンセ、世界中のいろいろなパーカッションや4つのパートに分かれたヴォーカルのハーモニーや弦楽器、ピアノ、その他にもいろいろな楽器を探索し、楽しみながら楽曲制作をしたよ。」とコメントしている。


新曲3曲では、バンドが大切だと感じている社会問題にスポットライトを当てている。本日先行配信された「Bad Phase」では、ソーシャル・メディアが人類に及ぼす影響や、それがどのように人々の精神に影響し、いかに人々の感覚を鈍らせているのか、ということについて歌っている。同時に公開された「Bad Phase」のオーディオ・ビデオを手掛けたのは、バンドの友人でもありメタリカやザ・ケミカル・ブラザーズの映像も手掛けるヴィジュアル・アーティストのジョニー・TV。音にあわせて波形が変化する映像作品となっているので、あわせてチェックしてほしい。


バンドは現在ニュー・アルバムの制作に取り組んでおり、難しい時期を乗り越えたJoy Oppositesの第2章がまもなく幕をあける!

Release Infoリリース情報

Joy Opposites - Bad Phase
Bad Phase
byJoy Opposites

配信発売日:2019年7月10日(水)
レーベル:Hostess Entertainment
価格:1,200円

<トラックリスト>
01. Holy Smoke
02. Bad Phase
03. Whatevvver
04. Lovely
05. Weeds
06. Down In A Hole
07. Smoke Signals

※先行シングル「Bad Phase」配信中&プレオーダー受付中!
https://smarturl.it/dkb62x

Short Biographyショート・バイオ

2016年にイギリス出身のAdam(ヴォーカル / ギター)とImmy(ヴォーカル / ギター)を中心に結成されたロック・バンド。同年8月にAt the Drive-in、Death Cab for Cutie等を手掛けるAlex Newportがプロデュースしたデビュー・アルバム『Swim』をリリース。 "90sオルタナを継承するバンド"として話題となりアルバム発売直後にはサマーソニック2016に出演し、初パフォーマンスを披露。これまでにcoldrain、Crossfaith、SHANK、COUNTRY YARD、Crystal Lakeらのツアーへ参加やUSノイズロック・バンドNothingやCitizenのサポート・アクトとして日本ツアーに帯同するなど、精力的にライヴ活動を展開。2017年11月、Paul McCartneyや元One DirectionのZAYN等の名だたるアーティストを手掛けAdele『25』でグラミー賞を受賞した敏腕レコーディング・エンジニアLiam Nolanが参加し、シンセ・サウンドを大胆に取り入れたセカンド・アルバム『Find Hell(ファインド・ヘル)』を発表した。2019年7月『Bad Phase(バッド・フェイズ)』をリリース。