Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2019.03.06ジョン・グラントの単独来日公演会場にて最新作『ラヴ・イズ・マジック』が限定販売決定

ジョン・グラントの単独来日公演会場にて最新作『ラヴ・イズ・マジック』が限定販売決定

明日からスタートするジョン・グラント初の単独来日公演、会場にて日本語解説&歌詞対訳付き最新アルバム『ラヴ・イズ・マジック』が限定販売決定!

昨年10月にリリースした最新アルバム『ラヴ・イズ・マジック』を引っ提げ明日7日(木)、明後日8日(金)東京キネマ倶楽部にて初単独来日公演を行なう米SSW、ジョン・グラント。


先週そんな彼の魅力に迫ったライターの木津毅、田中宗一郎による第1弾、そして同じくライター木津毅と一般誌連載『弟の夫』がNHKにてドラマ化され話題になったゲイ・エロティック・アーティスト田亀源五郎による第2弾のスペシャル対談記事が公開となり反響を呼んだばかり。そんな中、日本のジョン・グラント・ファンに更なる朗報が!なんと今回のライヴ両日、会場となる東京キネマ倶楽部にてアルバム『ラヴ・イズ・マジック』の限定版CDが発売されるのだ。その内容はというと、ライター新谷洋子による作品解説、ジョン・グラント本人による楽曲解説、そして歌詞の日本語対訳が同封されるというもの。今回の来日公演会場のみ販売の超限定アイテムとなっているので、お見逃しなく!

Release Infoリリース情報

John Grant - Love Is Magic
Love Is Magic
byJohn Grant

※会場限定販売盤
※ジョン・グラント本人による楽曲解説、ライター新谷洋子による作品解説、歌詞対訳付

TRACK LIST
01. Metamorphosis
02. Love Is Magic
03. Tempest
04. Preppy Boy
05. Smug Cunt
06. He's Got His Mother's Hips
07. Diet Gum
08. Is He Strange
09. The Common Snipe
10. Touch And Go

»輸入盤リリース情報はこちら
»最新アルバム絶賛配信中!

ジョン・グラント来日公演記念スペシャル対談

ジョン・グラント来日公演記念スペシャル対談第一弾はこちら:
https://ynos.tv/hostessclub/special/johngrant2019/taidan01-01.html


ジョン・グラント来日公演記念スペシャル対談第二弾はこちら:
https://ynos.tv/hostessclub/special/johngrant2019/taidan02-01.html
Photo by Daisuke Miyashita



元キャバレーであったキネマ倶楽部で繰り広げられるジョン・グラントによる煌びやかな夜はすぐそこ!  当日券の発売も予定しているので、迷っている方は是非足を運んでもらいたい。

Hostess Club Presents John Grant

3月7日(木)・3月8日(金)東京キネマ倶楽部
Open 18:30 / Start 19:30
★チケット絶賛発売中!7,000円(税込・ドリンク代別途)


<3月7日(木)公演当日券情報>
18:30より会場内当日券売場にて販売
¥7,500(税込 / ドリンク代別途)


公演オフィシャルページ:https://ynos.tv/hostessclub/schedule/20190307.html
主催・制作・招聘:イーノス
協力:ホステス・エンタテインメント


【注意事項】
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。



ホステスのSpotifyでは予習にぴったりなプレイリストを公開!フィギュア・スケーター髙橋大輔選手が今季FS曲に使用したことでも話題の「Pale Green Ghosts」をはじめ、最新アルバムから過去作品の名曲まで網羅したプレイリストでライヴに備えよう!
https://open.spotify.com/user/hostess_entertainment/playlist/558xIbmo4zDLqUfTwLf75O

Short Biographyショート・バイオ

元ザ・サーズのヴォーカリスト。バンド解散後、ソロ活動を開始し2010年に1作目『クイーン・オブ・デンマーク』を<Bella Union>からリリース。英MOJO誌の年間ベスト・アルバムに選出される等話題となった。2013年の2作目『ペール・グリーン・ゴースツ』はラフ・トレード・ショップス2013年年間ベスト・アルバム1位獲得した。2014年には英詞を手がけたアウスゲイルのデビュー・アルバム『イン・ザ・サイレンス』が世界で大ヒットを記録し、ブリット・アワードにおいて「最優秀インターナショナル男性ソロ・アーティスト」にもノミネートされた。16年、3作目『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』(全英5位)で待望の日本盤デビューを果たし、4月のHostess Club Presents Sunday Specialにて初来日公演も敢行。ドラマーにバッジー(スージー・アンド・ザ・バンシーズ)を迎えた豪華バンドを率いての初来日は大きな話題となった。同年8月、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで再来日。2018年10月、4作目となるアルバム『ラヴ・イズ・マジック』をリリースし、2019年3月には初の単独来日公演を開催した。