Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.11.16コミュニオンズが新曲を公開、新曲をコンパイルしたEPを日本限定で12月にリリース!

コミュニオンズが新曲を公開、新曲をコンパイルしたEPを日本限定で12月にリリース!

コペンハーゲンを拠点に活動する4人組バンド、コミュニオンズが新曲「Here and Now」を公開!新曲をコンパイルしたEPを日本限定で12月にリリース!

デンマーク、コペンハーゲンを拠点に活動する4人組バンド、コミュニオンズが新曲「Here and Now」を公開しました!
デビュー作『ブルー』を2017年にリリース、Hostess Club Weekenderとサマーソニックで2度の来日を果たした彼ら。今年に入り5月に「Hymn」、その後も8月に「Is This How Love Should Feel?」、9月に「Upfront Trivial」と新曲を立て続けにリリースしてきました。
今回の新曲「Here and Now」はその第4弾で、フロントマンのマーティンは「現在と過去の二重性を経験することで生じるアイデンティティーの分裂」についての曲だと語っています。


新曲「Here and Now」のMVはこちら


また、今年公開されたシングル4曲を含むEPが日本限定で12月にリリースされることが決定!
詳細は後日発表されるのでこちらもお見逃しなく!

Short Biographyショート・バイオ

2014年にMartinとMads Rehof兄弟と高校からの友人Jacob van Deurs Formann、Frederik Lind Koppenの四人で結成され、地元デンマークはコペンハーゲンで活動を開始。当時17歳~21歳と言う若さとストーン・ローゼズ×ザ・リバティーンズと評されたサウンドで瞬く間に世界のメディアから注目を浴びた。デビューEP『Communions EP』は予約の時点で完売するなどインディーキッズの間で大きな話題となった。そして2017年2月デビュー・アルバム『ブルー』を<Fat Possum>からリリース、Hostess Club Weekenderで初来日を果たした。8月にはサマーソニックで再来日。2018年5月から新曲を4曲発表。新曲に加えボーナストラック1曲を加えた日本限定のEPを12月にリリースする。