Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.10.12セイント・ ヴィンセント、最新作をピアノ・アコースティックに再構築したアルバムを発表

セイント・ ヴィンセント、最新作をピアノ・アコースティックに再構築したアルバムを発表

インディーロックの女王、セイント・ ヴィンセントが昨年リリースの最新作をピアノ・アコースティックに再構築したアルバムをリリース、新MVを公開!

インディーロックの女王セイント・ヴィンセントが、昨年リリースしたアルバム『マスセダクション』をピアノ・アコースティックに再構築したアルバム、『マスエデュケーション』を輸入盤、デジタル配信でリリースしました。なお、セイント・ヴィンセント本人直筆による手紙の和訳を封入した日本盤は、11月7日(水)のリリースを予定しています。アルバム・リリースに際しセイント・ヴィンセントは「Savior」のミュージック・ビデオを公開しています。


「Savior」のミュージック・ビデオはこちら
https://youtu.be/AdmSRfbjQlY


今作はテイラー・スウィフトやシーア、ロード、カーリー・レイ・ジェプセンとの仕事で知られるジャック・アントノフ(ファン.、 ブリーチャーズ)を共同プロデューサーに起用して制作されたオリジナル・アルバムを基に、親友であるプロデューサー、トーマス・バートレットと共にニューヨークのスタジオに入り2日間で完成させた作品で、『マスセダクション』の新たな側面が今作に収録されています。収録の全12曲はピアノ・アコースティック・ヴァージョンに再構築されており、極限まで装飾をそぎ落とした生のメロディーとセイント・ヴィンセントの歌が響き渡っています。


※アルバム絶賛配信中!
http://smarturl.it/eqyblk



「Fast Slow Disco」のミュージック・ビデオはこちら

「Slow Slow Disco」の試聴ビデオはこちら

Release Infoリリース情報

St. Vincent - MassEducation
MassEducation
bySt. Vincent

HSU-10278
2018.11.07 on sale / 2,400円+税
※ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

NYブルックリン在住のセイント・ヴィンセントことアニー・クラークはポリフォニック・スプリーやスフィアン・スティーヴンスのツアー・メンバーとして活動を開始。現在までにソロ・アルバム5枚、デヴィッド・バーンとのコラボ作を1枚発表している。2011年に<4AD>からに発表した3作目『ストレンジ・マーシー』は全米19位を獲得し、世界中で年間ベスト・アルバム上位を獲得。12年にリリースしたデヴィッド・バーンとのコラボ作『ラヴ・ディス・ジャイアント』は各メディアの年間ベスト獲得の他、第55回グラミー賞へノミネートされ話題をさらった。2014年にリリースした『セイント・ヴィンセント』は第57回グラミー賞「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」を受賞、USチャート12位を獲得し多くのメディアで年間ベスト・チャート上位にランクインした。2014年度年間ベスト・アルバム1位(クロスビート、NME、Guardian)、2位(Time誌)、3位(ミュージック・マガジン「アメリカ/カナダ部門」獲得した。2017年6月に突如新曲「New York」をリリース。同年8月に開催されたHostess Club All-Nighterのヘッドライナーとして来日を果たした。2017年10月に5枚目となる新アルバム『マスセダクション』をリリース。2018年8月開催のサマーソニックに出演し日本の観客を魅了した。2018年11月にアルバム『マスセダクション』収録曲をピアノ・アコースティック・ヴァージョンにリメイクした『マスエデュケーション』をリリース。