Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.09.20話題のSSW、ジョン・グラントが新作から「He's Got His Mother's Hips」のMVを公開

話題のSSW、ジョン・グラントが新作から「He's Got His Mother's Hips」のMVを公開

フィギュアスケーターの髙橋大輔選手の今季FS使用曲に抜擢され話題のSSW、ジョン・グラントが新作から「He's Got His Mother's Hips」のMVを公開!

現役復帰を発表したフィギュアスケーターの髙橋大輔選手の今季FS使用曲に抜擢され話題の米シンガーソングライター、ジョン・グラントが10月発売予定の新作『ラヴ・イズ・マジック』から新たに「He's Got His Mother's Hips」のミュージック・ビデオを公開した。


本映像を手掛けたのは、前作『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』収録曲「Global Warming」やソロ・デビュー作『クイーン・オブ・デンマーク』収録曲「Chicken Bones」など、これまでにジョンのミュージック・ビデオの制作に携わってきた映像作家のケイシー・レッドモンドとユアン・ジョーンズ・モリス。本映像は1980年代を中心に人気を博した英ミュージシャン、ピーター・ガブリエルの楽曲「Sledgehammer」からインスピレーションを得ており、奇抜でありながらポップなアニメーション作品に仕上がっている。


新曲「He's Got His Mother's Hips」のMVはこちら:

新曲「Touch & Go」の試聴はこちら:

収録曲「Love Is Magic」のMVはこちら:

※新曲「He's Got His Mother's Hips」含む3曲配信中&アルバム予約受付中!
http://smarturl.it/2qbkmo



BBCフィルハーモニック・オーケストラを率いて行ったライヴ・コンサートを収録したアルバム『ジョン・グラント・ウィズ・ザ・BBCフィルハーモニック・オーケストラ:ライヴ・イン・コンサート』の日本盤が来週9月28日(金)に発売される。今年現役復帰を表明したフィギュアスケーター、髙橋大輔選手が収録曲「Pale Green Ghosts」を今季のFSの楽曲として使用することが発表された後、ジョンはSNS上にて「とても光栄」と喜びのコメントをしている。以前ジョンは自身の楽曲制作に関して「これからもチャレンジし続けたい。色んな人とコラボレーションして、自分が求めるサウンドや方向を見つけ出し、そこを目指したい。恐れずに危険に立ち向かっていきたいよ。」と語っており、オーケストラとの共演やエレクトロミュージックの探求など新しい分野に挑戦する姿勢を貫いてきた。新たに発売されるアルバムだけでなく、今回偶然うまれた2名の挑戦者 ─ ジョンと髙橋選手によるある種の"コラボレーション"にも注目してもらいたい。


ロイヤル・ノーザン・シンフォニアとの舞台裏の映像:

Release Infoリリース情報

John Grant - Love Is Magic
Love Is Magic
byJohn Grant

海外発売日:2018年10月12日(金)
レーベル:Bella Union / Hostess
※日本盤は後日ご案内

01. Metamorphosis
02. Love Is Magic
03. Tempest
04. Preppy Boy
05. Smug Cunt
06. He's Got His Mother's Hips
07. Diet Gum
08. Is He Strange
09. The Common Snipe
10. Touch And Go

※新曲「He's Got His Mother's Hips」含む3曲配信中&アルバム予約受付中!
http://smarturl.it/2qbkmo

Release Infoリリース情報

John Grant - John Grant With The BBC Philharmonic Orchestra: Live In Concert
John Grant With The BBC Philharmonic Orchestra: Live In Concert
byJohn Grant

HSE-4748-49
2018.09.28 on sale / 2,800円+税
※日本盤のみボーナストラック4曲収録。歌詞対訳、ライナーノーツ(赤尾美香)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

元ザ・サーズのヴォーカリスト。バンド解散後、ソロ活動を開始し2010年に1作目『クイーン・オブ・デンマーク』を<Bella Union>からリリース。英MOJO誌の年間ベスト・アルバムに選出される等話題となった。2013年の2作目『ペール・グリーン・ゴースツ』はラフ・トレード・ショップス2013年年間ベスト・アルバム1位獲得した。2014年には英詞を手がけたアウスゲイルのデビュー・アルバム『イン・ザ・サイレンス』が世界で大ヒットを記録し、ブリット・アワードにおいて「最優秀インターナショナル男性ソロ・ アーティスト」にもノミネートされた。16年、3作目『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』(全英5位)で待望の日本盤デビューを果たし、4月のHostess Club Presents Sunday Specialにて初来日公演も敢行。ドラマーにバッジー(スージー・アンド・ザ・バンシーズ)を迎えた豪華バンドを率いての初来日は大きな話題となった。同年8月、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで再来日。18年10月、新作『ラヴ・イズ・マジック』をリリースした。 そして19年3月に初の単独来日公演を開催する。