Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.06.15サマソニで初来日が決定しているペール・ウェーヴス、新曲「Kiss」のMVを公開

サマソニで初来日が決定しているペール・ウェーヴス、新曲「Kiss」のMVを公開

サマソニで初来日するUK新世代バンドのニュー・アイコン、ペール・ウェーヴスが新曲「Kiss」のミュージック・ビデオを公開!

8月開催のサマーソニックにて初来日するUK新世代バンドのニュー・アイコン、ペール・ウェーヴスが新曲「Kiss」のミュージック・ビデオを公開した。倉庫でパフォーマンスする様子をモノクロで捉えた映像作品となっている。本楽曲についてヴォーカルのへザーは「とてもアップリフティングで心地良い曲だから、みんなに聴いてもらいたいな。」とコメントしている。


新曲「Kiss」のMVはこちら:


今年初めにEP『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッドEP』をLPとデジタルでリリースしたペール・ウェーヴスは、全世界待望のデビュー・アルバムの制作が完了したとSNS上に投稿している。アルバムの全容が明らかになるまで、新曲を聴いて待とう!


へザーのツイートはこちら
https://twitter.com/HBARONGRACIE/status/1007018983801933825



EP収録曲「Heavenly」のミュージック・ビデオ

EP収録曲「The Tide」のミュージック・ビデオ

EP収録曲「My Obsession」のミュージック・ビデオ

EP収録曲「New Year's Eve」のミュージック・ビデオ

SUMMER SONIC 2018

2018年8月18日(土)/ 8月19日(日)
出演アーティスト : ベック、ナイン・インチ・ネイルズ(大阪のみ)、セイント・ヴィンセント、テーム・インパラ、スパークス(東京のみ)、ザ・シャーラタンズ、ウルフ・アリス(東京のみ)、ザ・シャーロックス、ペール・ウェーヴス、ムードイド(東京のみ)、ドリーム・ワイフ、ジョルジャ・スミス他
※ペール・ウェーヴスは18日(土)東京に、19日(日)に大阪に出演します
東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲 SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com

Release Infoリリース情報

Pale Waves - Kiss
Kiss
byPale Waves

発売中
レーベル:Dirty Hit / Hostess
価格:200円

<トラックリスト>
1. Kiss

※新曲『Kiss』絶賛配信中!
http://smarturl.it/hdk0d8

Release Infoリリース情報

Pale Waves - ALL THE THINGS I NEVER SAID EP <JAPAN EXCLUSIVE CLEAR VINYL>
ALL THE THINGS I NEVER SAID EP <JAPAN EXCLUSIVE CLEAR VINYL>
byPale Waves

HSE-6750
2018.05.09 on sale / 1,980円+税
●完全生産限定盤 ●日本盤限定カラーヴァイナル(透明)仕様 ●EP音源ダウンロード・カード封入(WAVフォーマット)、歌詞対訳・ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

ヘザー・バロン・グレイシー率いる英インディーロック・バンド。The 1975やウルフ・アリスを擁するUK気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約し、2017年2月にレーベルメイトであるThe 1975のマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルがプロデュースしたデビュー・シングル「There's A Honey」を発表し脚光を浴びる。同年8月、セカンド・シングル「Television Romance」を発表し、Spotifyの<最優秀インディー・リスト2017>に選出。当時シングルを2枚しかリリースしていない新人としては異例の早さでNMEの表紙に抜擢される。BBCによる<Sound of 2018>やMTVによる<Brand New 2018>など多くの音楽媒体でノミネートされ、ブレイクする有力新人として世界中から熱い視線が注がれている。2018年2月、NMEアワードにて最優秀新人賞を獲得。5月にはデビューEP『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッドEP』を配信とレコードのみでリリース。8月開催のサマーソニックで初来日。9月に待望のデビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』をリリース。
バンドメンバーはヘザー・バロン・グレイシー(Vo / G)、キアラ・ドラン(Dr)、ヒューゴ・シルヴァーニ(G)、チャーリー・ウッド(B)。