Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.05.18ナイン・インチ・ネイルズが新アルバム『バッド・ウィッチ』から新曲をリリース

ナイン・インチ・ネイルズが新アルバム『バッド・ウィッチ』から新曲をリリース

ナイン・インチ・ネイルズがニュー・アルバム『バッド・ウィッチ』から新曲をリリース!!国内盤アルバムのリリースが6月22日(金)に決定!

グラミー賞2度受賞、全世界で通算2000万枚以上のアルバムセールスを誇るモンスターバンド、ナイン・インチ・ネイルズが6月発売の新アルバム『バッド・ウィッチ』から新曲「God Break Down the Door」をリリース!!国内盤アルバムのリリースが6月22日(金)に決定しました。


新曲「God Break Down the Door」の試聴ビデオはこちら


今年8月に開催されるSONICMANIA 2018にヘッドライナーとして出演、更にはサマーソニック出演(大阪公演のみ)が決定しているナイン・インチ・ネイルズは2016年にリリースされた『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』、2017年にリリースされた『アッド・ヴァイオレンス』に続く3部作の最後の作品『バッド・ウィッチ』を完成させました。


ジーザス&メリー・チェインをサポートに迎えた北米ツアー「COLD AND BLACK AND INFINITE NORTH AMERICA 2018」を発表したナイン・インチ・ネイルズ。更にオープニング・アクトとしてタバコ、カイト・ベース、ダニエル・エイヴリー、ガーベ・ガーンジー(ファクトリー・フロア)、デス・イン・ヴェガス、HMLTDを迎えることを発表。トレント・レズナーは北米ツアーを周るバンド達の楽曲を集めたプレイリストをApple Music とSpotifyで公開しました。


Nine Inch Nails北米ツアーを共に周るバンドのプレイリスト
https://nin.lnk.to/CBILineup


アルバムからのシングルがリリースされ新アルバムへの期待が膨らむナイン・インチ・ネイルズ。日本のファンは夏の来日を前に増々目が離せません!

公演情報

SONIC MANIA 2018
2018年8月17日(金)
出演アーティスト:ナイン・インチ・ネイルズ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、コーネリアス、電気グルーヴ他
会場:幕張メッセ
http://www.sonicmania.jp


SUMMER SONIC 2018
2018年8月18日(土)/ 8月19日(日)
出演アーティスト:ベック、ナイン・インチ・ネイルズ(大阪のみ)、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バード、チャンス・ザ・ラッパー他
東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲 SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com


企画・制作・招聘:クリエイティブマン・プロダクション

Release Infoリリース情報

Nine Inch Nails - Bad Witch
Bad Witch
byNine Inch Nails

HSU-10208
2018.06.22 on sale / 2,200円+税
※歌詞対訳付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

トレント・レズナーによって1988年に結成されたナイン・インチ・ネイルズは、インダストリアル・ミュージック・ムーヴメントの先駆者であり、エレクトロニック・ミュージックの進化に多大な影響を及ぼした存在として知られている。複数のプラチナ・アルバムを獲得した『プリティ・ヘイト・マシーン』(1989)や『ブロークン』(1992)、『ザ・ダウンワード・スパイラル』(1994)を含む彼らのレコードは、精巧なデジタル・プロダクションに革命をもたらした。ナイン・インチ・ネイルズは世界中で合計3000万枚以上のアルバムセールスを記録し、米ビルボードの"モダン・ロック"ラジオチャートでナンバーワンを記録した「The Hand That Feeds」、「Only」、「Every Day Is Exactly the Same」、「Survivalism」を含む数々のヒットシングルを送り出し、さらには二度にわたりグラミー賞を受賞している。2013年リリースの『ヘジテイション・マークス』はビルボードのオルタナティヴ・アルバムおよびトップ・ロック・アルバム両チャートで初登場1位を獲得し、ローリング・ストーン誌やニューヨーク・タイムズ紙、スピンやオルタナティヴ・プレスといった数々のメディアが年間ベストアルバムに選出。このアルバムのリリース後、ナイン・インチ・ネイルズは大規模な世界ツアーにも出ている。EP三部作の最初の2作となる『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』(2016)、『アッド・ヴァイオレンス』(2017)のリリース後、彼らは数々のフェスティヴァルのヘッドライナーとしての圧倒的なパフォフォーマンスでその評価をさらに高めた。シカゴ・トリビューン紙は彼らの「記憶に残る」ライヴセットは「Riot Fest2017で最高の瞬間のひとつ」だったと称え、ブルックリン・ヴィーガンは「ナイン・インチ・ネイルズは、彼らの新曲が昔の曲に匹敵することを証明した......これらの曲は『ザ・ダウンワード・スパイラル』が抱いていたのと同じ独特のスリルを感じさせながら、同時に2017年の音楽における文脈にぴったりとはまっている」と評し、フォーブスは「ナイン・インチ・ネイルズは依然として、疑いの余地なく、世の中のライヴ・ミュージック体験の中でも最高のカタルシスを感じさせてくれる」と絶賛している。