Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.04.10アッシュ、日本での滞在にインスピレーションを得て制作された新曲「Annabel」を公開

アッシュ、日本での滞在にインスピレーションを得て制作された新曲「Annabel」を公開

北アイルランド出身のポップ・ロックバンド、アッシュが新作『アイランズ』から新曲「Annabel」を公開!日本での滞在にインスピレーションを得て制作!

北アイルランド出身3人組のポップ・ロックバンド、アッシュが7作目となる新作『アイランズ』から新曲「Annabel」を公開。「Annabel」は、アッシュのデビュー作『1977』収録の名曲「Goldfinger」や「Oh Yeah」を彷彿させる、アッシュらしいクラシックな楽曲だ。切ないコード進行と分かりやすくてポップなヴォーカル・メロディーが見事にマッチしたポップ・ソングに仕上がっている。


※「Annabel」「Buzzkill」配信開始&アルバム予約受付中!
http://smarturl.it/71n7ut


本作についてヴォーカルのティム・ウィーラーは次のように語っている:
「僕らが最後に日本でツアーをしたとき、香川の直島と豊島を訪れたんだけど、それがこの『アイランズ』のインスピレーションの源になっているんだ。その時から、僕はアルバムの残りの楽曲をその島について書いて録音したいと思うようになった。日本はいつだって僕らにとって大きなインスピレーションの源だし、僕らはいつだって日本に行ってこのアルバムの曲を日本のみんなのためにプレイしたいと思っているよ。」


さらに、本作の日本盤が5月18日(水)に世界同時発売されることが決定した!日本盤にはボーナストラックとして「Easy Girl」と「Rock N Roll Requires Repetition」の2曲が収録されている。日本への愛がたっぷりと詰まった新作をぜひ手に取ってほしい。


新曲「Annabel」の試聴はこちら:

収録曲「Buzzkill」の試聴はこちら:

Release Infoリリース情報

Ash - Islands
Islands
byAsh

HSE-4542
2018.05.18 on sale / 2,400円+税
※ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(妹沢奈美)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1992年、北アイルランドのダウンパトリックにてティム・ウィーラー (Vo. G.)、マーク・ハミルトン (B.)、リック・マックマーレイ (D.)により結成された3人組のポップ・ロックバンド。結成から一年足らずでリリースしたデビュー・ミニ・アルバム 「トレイラー」 が著名音楽媒体で絶賛され話題となる。1996年、デビュー・アルバム 『1977』 をリリースし、全英アルバム・チャートNo.1を獲得。1997年、新たにシャーロット・ハザリー (G.) が加入し、4人体制となる。1998年にセカンド・アルバム『ニュークリア・サウンズ』をリリース。後に、ゴールド・ディスクに認定され、全英ツアーもソールド・アウトを記録するなど人気が決定的なものとなる。2001年に発表されたサード・アルバム『フリー・オール・エンジェルズ』全英チャート1位を獲得し、プラチナム・セールスを記録した。2006年2月、9年間共に活動してきたシャーロット・ハザレイが脱退。2007年に発表された『トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ』が最後のアルバムとなることを発表していたが、2015年に8年振りのスタジオ・アルバム『カブラモ!』をリリース。2018年5月に新作『アイランズ』をリリースし、7月にフジロックフェスティバルに出演。11月には単独来日公演を行うことが決定している。