Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.03.23現在来日中のコンゴ人ラッパー、バロジが本日発売の新作から新MV公開

現在来日中のコンゴ人ラッパー、バロジが本日発売の新作から新MV公開

UNCUT8/10獲得!現在来日中のコンゴ人ラッパー、バロジが本日発売の新作『137・アヴニュ・カニャマ』から新MV公開!明日は観覧無料の来日公演を実施!

ベルギーを代表するヒップホップ・グループとして知られるStarflamのメンバーとしてデビューし、現在ではソロとして活動する在ベルギーのコンゴ人ラッパー、バロジ。現在来日中で、昨日ダンサーのATSUSHI(Dragon Ash)との初来日公演を行った彼が新作『137・アヴニュ・カニャマ』を本日リリース!本作はMOJOの4/5をはじめ、UNCUTでは8/10を獲得し「パワフルで並外れたレコード」と賞賛されるなど、海外著名媒体から高い評価を得ている。バロジが本作について「音の映画を作りたかった」と語っているように、アルバムを聴き終えた後には長編映画を見たような感覚に陥る。日本盤には歌詞対訳も封入されているので、ダンサブルなサウンドの裏にあるストーリーを感じてほしい。


今回アルバム収録曲からコンゴの結婚式の伝統をコンセプトにした「Peau de Chagrin - Bleu de nuit」のミュージック・ビデオが公開された。本楽曲は、2曲分が1つの作品としてシームレスに繋がっており、曲の前半が"Peau de Chagrin(悲しみの肌)"、後半が"Bleu de nuit(夜の青さ)"となっている。


新曲「Peau de Chagrin - Bleu de nuit」のMVはこちら:

新曲「Bipolaire - Les Noirs」の試聴はこちら:

収録曲「Soleil de Volt」のMVはこちら:


現在初来日中のバロジは、明日アンスティチュ・フランセ東京にて開催されるフランス語圏文化の多様性や魅力を楽しむイベント"フランコフォニーのお祭り"にて、観覧無料のライブ・パフォーマンスを行なう。新作発売直後の貴重な来日公演となっているので、ぜひ遊びにきてほしい!

フランコフォニーのお祭り2018

公演日:2018年3月24日(土)
会場:アンスティチュ・フランセ東京(〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町15)
イベント開催時間:10:00~22:00(バロジ出演予定時間:16:30~17:30)
入場:無料
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/francophonie-2018/

Release Infoリリース情報

Baloji - 137 AVENUE KANIAMA
137 AVENUE KANIAMA
byBaloji

HSE-4462
2018.03.23 on sale / 2,400円+税
※初回仕様限定:ボーナストラックダウンロード・コード封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ(吉本秀純)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

在ベルギーのコンゴ人ラッパー、バロジ(スワヒリ語で"科学の人"を意味する)。 コンゴ出身ではあるものの、その人生のほとんどを移民先のベルギーで過ごしていることから、彼自身は自らを"アフロピアン"と呼んでいる。2007年、P-FUNK鍵盤奏者/ボーカリストのアンプ・フィドラーやマーク・ムーランが参加した1stソロ・アルバム『Hotel Impala』をEMIベルギーから発表、ゴールド・ディスクに認定される。ソロ活動の他にもデーモン・アルバーンのアフリカ・エクスプレス・プロジェクトにも参加するなど、幅広い活動を行なっている。2018年3月にニュー・アルバム『137・アヴニュ・カニャマ』をリリース、3月22日・24日には待望の初来日公演を開催。