Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.03.06トレイシー・ソーンがコリーヌ・ベイリー・レイをフィーチャーしたシングルのMVを公開

トレイシー・ソーンがコリーヌ・ベイリー・レイをフィーチャーしたシングルのMVを公開

元エヴリシング・バット・ザ・ガールのトレイシー・ソーンがコリーヌ・ベイリー・レイをフィーチャーしたシングル「Sister」のミュージック・ビデオを公開!

元エヴリシング・バット・ザ・ガールのシンガー・ソングライター、トレイシー・ソーンが8年振りとなるスタジオ・アルバム『レコード』からコリーヌ・ベイリー・レイ、ウォーペイントのメンバー、ステラ・モズガワ(Dr)とジェニー・リー・リンドバーグ(B)が参加したシングル「Sister」のミュージック・ビデオを公開しました。


新シングル「Sister ft. Corinne Bailey Rae」のミュージック・ビデオはこちら


本シングルのサビで「今の私は私の母親/私は私の姉妹/そして私は少女のように生きる/そして私は少女のように愛する/そして私は少女のように考える/そして私は少女のように闘う」と歌うトレイシーは「この曲は女性の連帯と反抗に関しての歌詞を書いたの。心に響くダンスフロア・アンセムなの」と語っています。


盟友、イワン・ピアソンをプロデューサーに起用し制作された新アルバムにはロンドンを拠点に活動する女性シンガー・ソングライター/プロデューサー、Shura(シュラ)もバックコーラスとシンセで1曲に参加しています。アルバムではジェンダー・ステレオタイプに関してやウィメンズ・マーチにインスパイアされた曲、更に避妊と中絶選択の自由への賛歌、子供が独立し家を離れることなどトレイシーならではの切り口を披露、アップテンポなシンセ・ポップに昇華し高揚感のあるアルバムに仕上げています。


シングル「Queen」のミュージック・ビデオはこちら

Release Infoリリース情報

Tracey Thorn - Record
Record
byTracey Thorn

HSU-10178
2018.03.02 on sale / 2,490円+税
※ボーナストラック(1曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1962年9月26日生まれのイギリス人女性シンガー。後のローファイ・ガールズ・インディ・シーンに多大な影響を与えたマリーン・ガールズの一員としてインディー・デビューを果たした後、ソロ・アルバム『ア・ディスタント・ショアー』をリリース。その後、現在のパートナーであるベン・ワットと出会い、オルタナ・ポップス・シーンの代表として、日本でも絶大の人気を誇るエヴリシング・バット・ザ・ガール(EBTG)の顔として1984年に、現在もネオ・アコースティックの名盤として語り継がれているアルバム、『エデン』でメジャー・デビュー。18年間のキャリアの間に数多くのアルバム、数多くのヒット曲を世に送りこみ、幅広くから支持を浴びるものの、2000年に惜しくも解散。その間、ソーンはマッシヴ・アタックの名曲の一つである 「プロテクション」の作詞/作曲を担当、ティエフシュワルツといったクラブ・アクトとのコラボレーション作を発表する等、クラブ・シーンからの支持が強まり、2007年には、フォーク・ディスコ調のアルバム「アウト・オヴ・ザ・ウッズ」をリリース。1982年に発売されたソーンの音楽活動歴初となるソロ・アルバム以来のソロ作品となった同作は、UKでクロスオーバー的ヒットを記録。2010年、ミュージック・パートナーであり、人生のパートナーでもあるワットのレーベル、Strange Feeling Recordsより『ラヴ・アンド・イッツ・オポジット』 をリリースした。2012年にクリスマス・アルバム『ティンセル・アンド・ライツ』、2015年には初のベスト・アルバム『Solo: Songs And Collaborations 1982-2015』を発表。2018年3月、8年振りとなる新スタジオ・アルバム『レコード』をリリースした。