Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.02.21HOT CHIPのフロントマン、アレクシス・テイラーのソロ・アルバムが完成、最新MVが公開

HOT CHIPのフロントマン、アレクシス・テイラーのソロ・アルバムが完成、最新MVが公開

HOT CHIPのフロントマン、アレクシス・テイラーの4作目のソロ・アルバム『ビューティフル・シング』が完成!タイトル・トラックのMVが公開!

アレクシス・テイラーのソロアルバム『ビューティフル・シング』が来たる4月20日に<Domino>よりリリースされることが発表された。


アレクシスが音楽をはじめてからというもの計り知れないほどに変化した、その人生が美しく投影されたソロ4作目となる本作は、<Mo' Wax>、<DFA>の共同創立者で、UNKLEのメンバーのティム・ゴールズワーシーをプロデューサーに迎え制作された。これはこれまでソロ作品の制作のすべてをひとりで行ってきたアレクシスにとっては初の試みだ。


21世紀の音楽シーンを通して、ミュージシャン、ソングライター、シンガーとしてユニークな軌跡を描いてきたアレクシスは、ポップvsアヴァンギャルド、ダンスフロアvs インタレクト、レトロ vs モダニストなど、馬鹿げた対立の構図に足元をすくわれることを一貫して避けてきた。リヴィング・レジェンド級のメジャー・ポップスターから誰も知らない風変わりなフリーの即興詩人まで、さまざまなアーティストとコラボレーションをし、巨大なアリーナから小さなクラブまで、どれを優先させるでもなくありとあらゆる場所でライブをし、音楽を聴き、学ぶということを休んだことはない。これらすべての経験が蓄積されできあがった『ビューティフル・シング』は些細で捉えにくいことを追求しながらも、非常に深いところへとたどり着いており、美しく人間味にあふれている。


また、アルバムリリースの発表に伴い、タイトル・トラックの「Beautiful Thing」のビデオが公開された。
ティムとのレコーディングをスタートさせたきっかけでもあるというこのトラックは、カタカタと鳴る実験的なノイズが、ぶっ飛んだ享楽的なディスコと跳ねるような驚きいっぱいのアシッドハウスの中に落とし込まれ、めまいがしそうなほどきらめくトリッピーな楽曲となっている。


音響的にも、ソングライティングの面でも、アレクシスにとって大胆、かつ確かな前進を示すこととなった本作品。
エレクトロニックなスリルにダークな空間、ダンスフロアーの記憶とともに、魂のこめられた楽曲たち。その音は即興的で偶発的に、どこか奇妙に、そして瞬発的に生み出されたものだ。
感動的でモダンでユニークな響きでいっぱいのこのアルバムは、繰り返し聴き込むほどにその深みにハマってしまうことだろう。


またアレクシスはヨーロッパでのツアー日程を発表しており、ライブにはZongaminのムカイススムがベース、The Invisible / Hot Chip のレオ・テイラーがドラムに帯同することが決定している。

Release Infoリリース情報

Alexis Taylor - Beautiful Thing
Beautiful Thing
byAlexis Taylor

レーベル:Domino / Hostess
価格:輸入盤オープンプライス
※日本盤CD詳細は後日ご案内

<トラックリスト>
01. Dreaming Another Life
02. Beautiful Thing
03. Deep Cut
04. Roll on Blank Tapes
05. Suspicious of Me
06. A Hit Song
07. Oh Baby
08. There's Nothing To Hide
09. I Feel You
10. Out of Time

新曲「Beautiful Thing」配信開始&アルバム予約受付中!
http://smarturl.it/cxw7oc

Short Biographyショート・バイオ

ロンドンを拠点に活動する5人組エレクトロ・ポップバンド、ホット・チップのフロントマンとして『カミング・オン・ストロング』(04')でデビュー。マーキュリー賞の最終候補に残った2作め『ワーニング』(06')、グラミー賞にノミネートされた楽曲を含む3作め『メイド・イン・ザ・ダーク』(08')とヒットを連発し、これまでにホット・チップとしては計6枚のアルバムをリリース。ソウルからR&B、ディスコまで、あらゆるジャンルの音楽をビートの強いオリジナルなサウンドへと昇華させる手腕と圧倒的なライブパフォーマンスで国内外で高い評価を獲得してきた。バンドの活動と並行し、08年には初のソロ作品となる宅録アルバム『ラブド・アウト』、14年に<Domino>より『アウェイト・バーバリアンズ』をリリース。どちらもかなり実験的な内容であったが、続いて16年に発表された『ピアノ』はピアノとヴォーカル中心のシンプルに美しい作品でその多岐にわたる才能の豊かさをまたひとつ証明。18年、プロデューサーにティム・ゴールズワーシーを迎え、ダンサブルで遊び心たっぷりの最新作、『Beautiful Thing』をリリース。