Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.02.08ペール・ウェーヴスが新シングル「The Tide」のミュージック・ビデオを公開

ペール・ウェーヴスが新シングル「The Tide」のミュージック・ビデオを公開

サマーソニックに出演が決定しているインディー・ロックバンド、ペール・ウェーヴスが新シングル「The Tide」のミュージック・ビデオを公開!

その年の有力新人を選出する名物企画「BBC Sound of 2018」で第5位に選ばれ、更にサマーソニックへの出演が決定している英マンチェスター出身、4人組インディー・ロックバンド、ペール・ウェーヴスが新シングル「The Tide」のミュージック・ビデオを公開しました。


本ビデオはThe 1975の写真やサンフラワー・ビーンのミュージック・ビデオを手掛けるフォトグラファー/映像作家、アンディ・デルーカがディレクターを務めています。


シングル「The Tide」のミュージック・ビデオはこちら


The1975、ウルフ・アリス、ジャパニーズ・ハウス、スーパーフード等が所属するUKの気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約し今作を含め5枚のシングルをリリースしているペール・ウェーヴス。レーベルメイトであるThe 1975のマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルがプロデュースしたデビュー・シングル「There's A Honey」がヒットし一躍注目を集めると、昨年10月には中心メンバー、ヘザーが当時シングルを2枚しかリリースしていない新人としては異例の抜擢でNME表紙を飾っています。


今年2月/3月に行われるUKツアー15公演は既に全公演がソールド・アウトするほどの盛り上がりを見せています。本シングル「The Tide」は今年リリース予定のデビューEPに収録予定になっています。今最も勢いに乗る新人バンド、ペール・ウェーヴスの活躍に目が離せません!


シングル「My Obsession」のミュージック・ビデオはこちら

シングル「New Year's Eve」のミュージック・ビデオはこちら

シングル「Television Romance」のミュージック・ビデオはこちら

シングル「There's A Honey」のミュージック・ビデオはこちら

Release Infoリリース情報

Pale Waves - The Tide
The Tide
byPale Waves

絶賛配信中!
レーベル:Dirty Hit / Hostess

<トラックリスト>
1. The Tide

※「The Tide」配信中!
http://smarturl.it/hr5gec

SUMMER SONIC 2018

2018年8月18日(土)/ 8月19日(日)
出演アーティスト : ベック、ナイン・インチ・ネイルズ(大阪のみ)、セイント・ヴィンセント、ザ・シャーラタンズ、ペール・ウェーヴス、ザ・シャーロックス他
東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲 SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com

Short Biographyショート・バイオ

The 1975、ウルフ・アリス、ジャパニーズ・ハウス、スーパーフード等が所属するUKの気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約した新人インディーロック・バンド。レーベルメイトであるThe 1975のマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルがプロデュースしたデビュー・シングル「There's A Honey」がヒットし一躍注目を集める。2017年10月には中心メンバー、ヘザーが当時シングルを2枚しかリリースしていない新人としては異例の抜擢でNME表紙を飾る。ペール・ウェーヴスは英BBCが毎年有力新人を選出する名物企画「BBC Sound of 2018」にノミネート、更にMTVが選ぶ有力新人リスト「Brand New 2018」、英音楽メディアDIYの「Class Of 2018」など多くの媒体で来年ブレイクする有力新人として既に紹介される。同年リリースされたデビュー・シングル「There's A Honey」はNME誌の「年間ベスト・トラック」の22位に選出、セカンド・シングル「Television Romance」は Spotifyの「最優秀インディー・リスト2017」に選出されている。2018年、NMEアワードにて最優秀新人賞を獲得。バンドはThe1975と共にツアーを周り、単独でのUSツアーも行っている。2018年5月、全世界待望のデビューEP『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッドEP』をリリース。8月開催のサマーソニックで初来日が決定している。
バンドメンバーはヘザー・バロン・グレイシー(Vo/G)、シアラ・ドラン(Dr)、ヒューゴ・シルヴァーニ(G)、チャーリー・ウッド(B)。