Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.01.18イールズが新作を4月にリリース、新曲とアルバムのティーザー映像が公開に

イールズが新作を4月にリリース、新曲とアルバムのティーザー映像が公開に

米インディー・ロック・バンド、イールズが12作目となる新作を4月にリリース!新曲「The Deconstruction」とアルバムのティーザー映像が公開!

シンガー・ソングライター兼マルチ・プレイヤーのEことマーク・オリヴァー・エヴァレットによる変幻自在のプロジェクト、イールズ。1996年に『ビューティフル・フリーク』でデビューして以来コンスタントに作品を発表してきた。2014年に発表された前作『ザ・コーショナリー・テイルズ』はペイスト・マガジンで8.9/10、ガーディアンでは4/5を獲得。音楽媒体での評価も高く「現代のポップ・ミュージックにおける希少な存在(ニューヨーカー誌)」、「過去10年で最も多作で冒険的且つ感動的なソングライターの一人(Qマガジン)」と絶賛されてきた。


前作から約4年が経ち、イールズが12作目となる待望の新作『ザ・ディコンストラクション』を4月に発売することを発表した!レコーディングは米カリフォルニアの複数のスタジオにて行われた。本作の演奏は、イールズの2作目『エレクトロ・ショック・ブルース』にも参加している米プロデューサー、ミッキー・ぺトラリア、映画音楽作曲家でもあるクール・G・マーダーとP・ブー、そしてフロントマンのマイクが率いるオーケストラ&合唱団によって行われた。マイクは本作について次のようにコメントしている。


「イールズのこの新しい15曲は、君をインスパイアしたりロックさせるかもしれないし、しないかもしれない。世界は狂っていってるよ。でも探せばまだ、美しいものを見つけることができる。ときには探す必要もなかったりするし、あるいは自分でそういうものを生み出そうとしなければいけないこともある。そしてときには、何かを引き裂いてその中に隠された美しいものを見つけ出さなきゃいけないこともあるんだ。」


アルバムの発表と共にタイトル・トラックでもある新曲の音源とティーザー映像が公開されたのでチェックしてほしい。5月からは北米やヨーロッパを周る大規模なツアーを実施する事も発表され、活発に活動する彼らから目が離せない!


新曲「The Deconstruction」の試聴はこちら


アルバムのティーザー映像はこちら

Release Infoリリース情報

Eels - The Deconstruction
The Deconstruction
byEels

レーベル:E-Works / Hostess
海外発売日:2018年4月6日(金)
価格:輸入盤オープンプライス
※日本盤は追ってお知らせ致します。

<トラックリスト>
01. The Deconstruction
02. Bone Dry
03. The Quandary
04. Premonition
05. Rusty Pipes
06. The Epiphany
07. Today Is The Day
08. Sweet Scorched Earth
09. Coming Back
10. Be Hurt
11. You Are The Shining Light
12. There I Said It
13. Archie Goodnight
14. The Unanswerable
15. In Our Cathedral

※新曲「The Deconstruction 」配信&アルバム予約受付中!
http://smarturl.it/ljpzkw

Short Biographyショート・バイオ

シンガー・ソングライター兼マルチ・プレイヤーのEことマーク・オリヴァー・エヴァレットによる変幻自在のプロジェクト、イールズ。96年『ビューティフル・フリーク』でアルバムデビュー。英国のブリット・アワードにて「最優秀インターナショナル・ニューカマー」を受賞。現在までに11枚のスタジオアルバムをリリースしている。ジャンルを自由に横断するその独創的な世界観が世界中で大人気を博している。01年、03年、10年と3度の来日経験あり。また、11年公開の映画『イエスマン』のサウンドトラックでもイールズの楽曲が多数収録されている。18年4月、12作目となるスタジオ・アルバム『ザ・ディコンストラクション』をリリース。