Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.01.17ベック、SUMMER SONIC 2018のヘッドライナーとして再来日決定!最新MVも公開に

ベック、SUMMER SONIC 2018のヘッドライナーとして再来日決定!最新MVも公開に

ベック、SUMMER SONIC 2018のヘッドライナーとして再来日決定!「Fix Me」のMVを公開!最新アルバムの2枚組デラックス・エディションCDの発売も決定!

昨年10月のニュー・アルバム『カラーズ』発売以降、緊急来日公演、数々のTV出演、日本人ラップシンガーDAOKOをゲストに迎えた「UP ALL NIGHT x DAOKO」の配信リリース、さらにアルバムからのメイン・シングル「Up All Night」のミュージック・ビデオが今月末開催のグラミー賞において「最優秀ミュージック・ビデオ賞」にノミネートされるなど、大いに話題を振りまいてくれたベック。


ベック 「アップ・オール・ナイト x DAOKO」セッション映像


そんな彼が、最新シングル「Fix Me」であらたなコラボレーションをみせてくれている。なんとこの度公開となった同ミュージック・ビデオに、日本人インスタグラマーのたまねぎ(@tamanegi.qoo.riku)さんのアカウントから人気に火が付いた赤ちゃんとスタンダード・プードル"くろしろまめしろ"が出演しているのだ!


まめちゃんとその守護者であるくぅさん、りっくん、がっくんの3匹のスタンダード・プードルとの日々の生活をとらえた映像は、インスタグラムでお馴染みの可愛らしいコスチュームに身を包んだり、心置きなくフリスビーに没頭したり、お誕生日ケーキに食らいついたり、どれも見ていて頬がゆるむものばかり。監督はこれまでもベックのビデオを手がけてきたブルック・リンダー。昨年11月に来日して2日間におよぶ撮影に挑んだ彼はその体験を次のように話している。「光栄なことに11月にまめちゃんの世界にお邪魔させてもらったんだけど、まるで地上の天国のようなところだった。特にくぅさんと僕は特別な繋がりを感じた。きっと彼は僕の曾祖父の生まれ変わりか何かだと思う。僕の心の中を見透かしていたんだ!」


そしてベック本人も彼らとの出会いについて、「友人が送ってくれた写真で、彼らの存在を知って、彼らが共有する特別な友情に感動したんだ。それは、この世の中も捨てたもんじゃないって思わせてくれるような写真だった。彼らはまるで地球上の人に笑顔をもたらすために派遣されてきた特殊エージェントのような存在、"僕らがいる限りすべて大丈夫だよ"って気づかせてくれるようなね。まめとりくは武道館公演に遊びにきてくれて対面できたんだけど、ずっと続いて欲しいと感じるような時間だった。映画のキャラクターに出会ったみたいな特別な体験だったよ」と話している。


12月には初の写真集『大きなボク 小さなわたし』(KADOKAWA)も発売となり、現在フォロワー数25万人を超える人気者の"くろしろまめしろ"とベックのコラボレーションには世界が注目すること間違いなし!


さらにさらに、なんとそんなベックの再来日が大決定! 8月18日(土)・19日(日)に開催が決定している"SUMMER SONIC 2018"にヘッドライナーとして出演することが決定したのだ。そして、来日に先駆けて5月には最新アルバム『カラーズ』のCDにDVDが付いた2枚組デラックス・エディションの発売も決定。詳細の発表に乞うご期待! 先日発表となったイギリス最大の音楽賞、BRIT AWARDS 2018においても"最優秀インターナショナル・男性ソロ・アーティスト賞"にノミネートされるなど、2018年もまだまだベック旋風はやみそうにない!


"SUMMER SONIC 2018"公式サイト
http://www.summersonic.com/2018/

Release Infoリリース情報

Beck - UP ALL NIGHT x DAOKO
UP ALL NIGHT x DAOKO
byBeck

絶賛配信中!
レーベル:Hostess Entertainment

<トラックリスト>
1. UP ALL NIGHT x DAOKO

「UP ALL NIGHT x DAOKO」絶賛配信中!
http://smarturl.it/onfcdw

Release Infoリリース情報

Beck - Colors
Colors
byBeck

HSE-6963
2017.10.11 on sale / 2,490円+税
※日本先行発売、歌詞対訳、ライナーノーツ(田中宗一郎)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1990年代から現在に至るまで第一線で活躍を続け、名実ともにアメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティストとして確固たる人気を誇る。1994年に発表した「ルーザー」が全米モダン・ロック・チャートで5週連続1位を獲得。1996年に発表した『オディレイ』でグラミー賞2部門を受賞。2008年に発表した『モダン・ギルト』が全米4位/全英9位を獲得し、第51回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・アルバム」にノミネート。2014年、約6年ぶり通算12作目のスタジオ・アルバム『モーニング・フェイズ』を発表。同作は第57回グラミー賞に於いて、「最優秀アルバム賞」をはじめ計3部門を獲得した。2015年6月、突如新曲「Dreams」を発売。11月には日本独自盤12インチを発売。そして2016年7月のフジロックで約7年ぶりの来日を果たす。その直前となる6月には新曲「WOW」をリリース。あれから1年、2017年10月11日に待望のニュー・アルバム『カラーズ』を日本先行リリース。その2週間後には8年ぶりとなる単独公演も実施。11月には、シングル「Up All Night」が第60回グラミー賞において"最優秀ミュージック・ビデオ賞"にノミネートされる。12月、日本人ラップシンガーDAOKOをゲストに迎えた「UP ALL NIGHT x DAOKO」を配信限定リリース。さらに2018年8月、"SUMMER SONIC 2018"のヘッドライナーとして再来日することが決定し、それに先駆けて最新アルバム『カラーズ』の2枚組デラックス・エディションCDも発売される予定。