Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.01.16先週新作を発表したブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、セッション映像を公開

先週新作を発表したブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、セッション映像を公開

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、オーストリアのラジオ局にて行った68分間に及ぶアコースティック・セッションの映像が公開に!

サンフランシスコ出身でLAを拠点に活動する3ピース・ロックンロール・バンド、ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ。先週遂に5年振り、8作目となるオリジナル・アルバム『ロング・クリーチャーズ』をリリースした彼らがオーストリアのラジオ局にて行ったアコースティック・セッションの映像を公開しました!
ニュー・アルバムからの新曲をピアノでの弾き語りで披露するなど楽曲の良さを改めて実感できるライブとなった今回、アーノルド・キアリ奇形(脳の奇形の一種)の手術から復帰したドラムのリアも元気な姿を見せ過去作からの人気曲もプレイした充実の68分間となっています。


ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、アコースティックライブ映像はこちらから:
http://fm4.orf.at/stories/2882217



メンバーのピーターが「気づくと死について書く自分がいるんだ。死との葛藤というか...それってすごくダークに聞こえるけど、僕にとってはダークなユーモアなんだ。」と語るニュー・アルバムはプロデューサーにニック・ロネ(ヤー・ヤー・ヤーズ、アーケイド・ファイア、ニック・ケイブ&ザ・バッド・シーズ)を迎えて制作。前作から5年が経ったとは思えないようなダークなロックンロール魂が健在なニュー・アルバムは現在絶賛発売中です!
ここ日本でも変わらぬ人気を誇る彼らだけに、新作と共に久しぶりの来日を果たしてくれることにも期待!


「King of Bones」はこちら:

「Echo」はこちら:

「Little Thing Gone Wild」のMVはこちら:

「Question of Faith」はこちら:

「Haunt」はこちら:

Release Infoリリース情報

Black Rebel Motorcycle Club - Wrong Creatures
Wrong Creatures
byBlack Rebel Motorcycle Club

HSE-6576
2018.01.12 on sale / 2,400円+税
※歌詞対訳、ライナーノーツ(鈴木宏和)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

サンフランシスコ出身でLAを拠点に活動する3ピース・ロックンロール・バンド。メンバーはロバート・レヴォン・ビーン(B / Vo)、ピーター・ヘイズ(G / Vo)、リア・シャピロ(Dr)。2001年『B.R.M.C.』でアルバム・デビュー。ザ・ストロークス等と共にロックンロール・リバイバルを牽引。現在までに7枚のアルバムを発表している。2013年11月には東京、横浜、大阪にて3年振りの来日公演を実施。2018年1月、約5年振り8枚目となるオリジナル・アルバム『ロング・クリーチャーズ』をリリース。