Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2018.01.15米モダンロック界の猛者が集結!レジェンド・オブ・ザ・シーガルメンがデビュー

米モダンロック界の猛者が集結!レジェンド・オブ・ザ・シーガルメンがデビュー

アメリカのモダンロック界の猛者(レジェンド)が集結!ノーティカルなテーマのロックバンド、レジェンド・オブ・ザ・シーガルメンが遂にデビュー!

トゥールのドラマーとして活躍するダニー・ケアリー、ギタリストに米ヘヴィメタルバンド、マストドンのブレント・ヒンズ、映画監督のジミー・ヘイワード(『ジョナ・ヘックス』、『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』)、ベースのピート・グリフィン、シンセのクリス・ディジョヴァンニ、ヴォーカリストのデヴィッド"ザ・ドクター"ドレイヤーによって結成された新プロジェクト、レジェンド・オブ・ザ・シーガルメンがデビュー・アルバム『レジェンド・オブ・ザ・シーガルメン』をリリース!


バンド結成はジミー・ヘイワードが映画『ジョナ・ヘックス』の製作時に、友人のジョシュ・ホーミ(クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)にマストドンのギタリストのブレントを紹介してもらったことがきっかけだという。すぐに意気投合しブレントは映画に出演し、マストドンとして映画のスコアを手掛けるととなる。撮影後、ロサンゼルスにてスコア制作時ににブレントがその後ヴォーカルとなるデヴィッドをジミーに紹介。3人ともバンドに対してのビジョンがあり、「海」をテーマにしたアルバムの制作を開始。マストドンの2004年のアルバム『レヴァイアサン』と近いテーマというだけあり、マストドンのファンは是非チェックしてもらいたい。
ドラムにトゥールのダニー・ケアリーが参加し、メンバーのスケジュールが許す限りセッションをしながらバンドの音を作り上げた。ベースのピートはスティーヴ・ヴァイ、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、ヌーノ・ベッテンコート等が出演した2017年の<ジェネレーション・アックス>でサポートとして来日しており、その技術は折り紙付き。


そしてアルバムからの最新曲「The Fogger」がついに公開!実はこの曲の主人公("The Fogger")は、バンドのドラムを担当するダニー・ケアリー。彼が「海を汚し酷使する奴らを追跡し、自分のサードアイ(第三の目)を使って......裁きの鉄槌を下す」さまが、この曲の途中にあるテクニカルで暴力的、殺人的なドラムソロとちょうどそっくりなのだとか!


デビューアルバム『レジェンド・オブ・ザ・シーガルメン』の日本盤は3月7日(水)発売決定。日本盤にはメンバーによるトラックバイトラックと歌詞対訳が入る予定。


新曲「The Fogger」のオフィシャル・オーディオ・ビデオはこちら:


収録曲「Shipswreck」のオフィシャル・オーディオ・ビデオはこちら:

Release Infoリリース情報

Legend Of The Seagullmen - Legend Of The Seagullmen
Legend Of The Seagullmen
byLegend Of The Seagullmen

HSU-10182
2018.03.07 on sale / 2,100円+税
※歌詞対訳、メンバーによるトラックバイトラック付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

米ロサンゼルスを拠点として活動するプログレッシブ・ロック・スーパーグループ。メンバーはブレント・ヒンズ(ギター/マストドン)、ダニー・ケアリー(ドラム/トゥール)、ジミー・ヘイワード(映画監督『ジョナ・ヘックス』、『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』)、ピート・グリフィン(ベース)、クリス・ディジョヴァンニ(シンセ)、デヴィッド"ザ・ドクター"ドレイヤー(ヴォーカル)。2010年に結成し本格的な活動は2015年からスタートした。2018年2月にデビュー・アルバム『レジェンド・オブ・ザ・シーガルメン』を<Dine Alone Records>からリリース。