Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.12.13ベックが「UP ALL NIGHT x DAOKO」セッション・ビデオをApple Musicにて先行公開

ベックが「UP ALL NIGHT x DAOKO」セッション・ビデオをApple Musicにて先行公開

ベック、先週末に公開されたDAOKOとの対談映像に続き「UP ALL NIGHT x DAOKO」のセッション・ビデオをApple Musicにて先行公開!

日本人ラップシンガーDAOKOをゲストに迎えた「UP ALL NIGHT x DAOKO」がiTunes Japanのオルタナティヴ・ソング・チャート で1位を獲得した他、Spotify Japanのヴァイラル・チャートでも初登場1位を記録、その後も各所でチャートにラインクインし続けるなど話題のベック。先週末にはDAOKOとの対談映像も公開となり注目を集めていた矢先、なんとこのたび2人によるセッション・ビデオがApple Musicにて独占先行公開となった!
ベックのバンドによる生演奏をバックに、この日が初顔合わせとは思えないほどの息のあったパフォーマンスを見せてくれている2人。贅沢過ぎる願いだが、いつの日か彼らのコラボレーションを生で観られる日がくることに期待したい!


セッション・ビデオの視聴はこちらから:
https://itunes.apple.com/jp/video/up-all-night-x-daoko-session-video/id1322966272?app=music&ls=1&at=11lwRX


対談映像はこちら:

Release Infoリリース情報

Beck - UP ALL NIGHT x DAOKO
UP ALL NIGHT x DAOKO
byBeck

絶賛配信中!
レーベル:Hostess Entertainment

<トラックリスト>
1. UP ALL NIGHT x DAOKO


※新曲「UP ALL NIGHT x DAOKO」配信スタート!
iTunes / Apple Musicはこちら:http://smarturl.it/onfcdw
Spotifyはこちら:http://open.spotify.com/album/3QvFHW7338E0mxmafkGOp1


DAOKO(ダヲコ)
1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、16歳にしてm-flo + daokoによる楽曲『IRONY』が、映画主題歌に起用。2014年では『Fog』が映画挿入歌に抜擢。同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の第3弾作品『ME! ME! ME!』の音楽をTeddyLoid と担当。2015年3月には女子高生にして1stアルバム『DAOKO』にてメジャーデビューを果たす。2016年4月には学校法人・専門学校HAL2016年度CM、Cygames TVCMタイアップソングが決定。2017年4月はTVアニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」のエンディングテーマに『拝啓グッバイさようなら』、7月より『Cinderella step』が決定。そして8月公開の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌に『打上花火』が、DAOKO × 米津玄師にて、挿入歌『Forever Friends』をDAOKOにて決定した。『打上花火』は、アニメーションMVが再生回数8,200万回(12/08現在)を越え、勢いはとまらない中、6週連続iTunesソング・ランキング1位を獲得! さらにサブスクリプション音楽配信サービスでも軒並み1位を獲得し14冠という日本人初の快挙を成し遂げる。同年10月「ステップアップLOVE」を、作詞をDAOKO、作曲・編曲&プロデュースを岡村靖幸にて発売。TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」のエンディング・テーマに起用される。12月20日には待望のセカンド・アルバム『THANK YOU BLUE』が発売。

Release Infoリリース情報

Beck - Colors
Colors
byBeck

HSE-6963
2017.10.11 on sale / 2,490円+税
※日本先行発売、歌詞対訳、ライナーノーツ(田中宗一郎)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1990年代から現在に至るまで第一線で活躍を続け、名実ともにアメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティストとして確固たる人気を誇る。1994年に発表した「Loser」が全米モダン・ロック・チャートで5週連続1位を獲得。1996年に発表した『オディレイ』でグラミー賞2部門を受賞。2008年に発表した『モダン・ギルト』が全米4位/全英9位を獲得し、第51回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・アルバム」にノミネート。2014年、約6年ぶり通算12作目のスタジオ・アルバム『モーニング・フェイズ』を発表。同作は第57回グラミー賞に於いて、「最優秀アルバム賞」をはじめ計3部門を獲得した。2015年6月、突如新曲「Dreams」を発売。11月には日本独自盤12インチを発売。そして2016年7月のフジロックで約7年ぶりの来日を果たす。その直前となる6月には新曲「WOW」をリリース。あれから1年、2017年10月11日に待望のニュー・アルバム『カラーズ』を日本先行リリース。その2週間後には8年ぶりとなる単独公演も実施。11月には、シングル「Up All Night」が第60回グラミー賞において"最優秀ミュージック・ビデオ賞"にノミネートされる。12月、日本人ラップシンガーDAOKOをゲストに迎えた「UP ALL NIGHT x DAOKO」を配信限定リリース。さらに2018年8月末、"SUMMER SONIC 2018"のヘッドライナーとして再来日することが決定し、それに先駆けて8月15日には最新アルバム『カラーズ』の2枚組デラックス・エディションCD、その名も『カラーズ- ジャパン・デラックス・エディション』が発売される。