Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.11.22Mitski(ミツキ)が歌った映画『パーティで女の子に話しかけるには』の主題歌が公開

Mitski(ミツキ)が歌った映画『パーティで女の子に話しかけるには』の主題歌が公開

今週末来日公演を行うMitski(ミツキ)が歌った映画『パーティで女の子に話しかけるには』の主題歌「Between the Breaths」が公開!

今週末東京と京都で初となるバンドセットでの来日公演を行うMitskiが歌った映画『パーティで女の子に話しかけるには』の主題歌「Between the Breaths」が公開されました!


Mitski本人よりメッセージが届いております。


「作曲はXiuXiuのジェイミー・スチュワートが手がけたのですが、監督のジョン・キャメロン・ミッチェルにボーカルを頼まれて、歌わせていただきました。ジョン・キャメロン・ミッチェルと私とプロデューサーの3人でスタジオに入って、とても楽しんで作れました。」


主題歌「Between the Breaths」の試聴はこちら


この作品は、今もなお「生涯のベスト1」の声多き名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の原作・監督・脚本・主演を務めたジョン・キャメロン・ミッチェルの待望の最新作。
来週12月1日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開されます!


今週末のMitskiの来日公演と合わせて見逃せません!


ホステスのスポティファイ オフィシャルアカウントで昨年の初来日公演時のセットリストプレイリストが公開中!
https://open.spotify.com/user/hostess_entertainment/playlist/1OFGUvSYe09p0E0v4RkqFL

映画『パーティで女の子に話しかけるには』情報

<STORY>
パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──


  • ●監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
  • ●原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
  • ●衣装:サンディ・パウエル『キャロル』、『ベルベット・ゴールドマイン』
  • ●出演:エル・ファニング『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」、ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
  • ●配給:ギャガ © COLONY FILMS LIMITED 2016

★公式サイト:gaga.ne.jp/girlsatparties
★公式Instagram:_girlsatparties_

JAPAN TOUR 2017
Mitski

2017年11月24日(金)LIQUIDROOM
Guest: Okada Takuro(東京公演のみ)
開場18:30 / 開演 19:00
チケット:¥5,500(前売 / 1ドリンク別)
お問合わせ:03-3444-6751(SMASH)

2017年11月25日(金)CLUB METRO
開場17:00 / 開演 17:30
チケット:¥5,500(前売 / 1ドリンク別)
お問合わせ:06-6535-5569(SMASH WEST)


チケット絶賛発売中!
【東京公演】ぴあ(Pコード:336-955)、e+、ローソン(Lコード:71158)
【京都公演】ぴあ(Pコード:337-306)、e+、ローソン(Lコード:52190)


協力: Hostess Entertainment / only in dreams
お問合せ:SMASH 03-3444-6751 http://smash-jpn.com/live/?id=2715

Release Infoリリース情報

Mitski - Puberty 2
Puberty 2
byMitski

HSE-6090
2016.06.17 on sale / 2,300円+税
※ボーナストラック2曲、Mitski本人による歌詞対訳、ライナーノーツ(清水祐也)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

日本生まれのアメリカと日本のハーフであるミツキ・ミヤワキのソロ・プロジェクト。現在の活動の拠点であるニューヨークに渡る前にはコンゴ民主共和国、マレーシア、中国、トルコ等様々な国を行き来する環境のなか育つ。そんな中でも70年代の日本のポップ・ミュージックを好んできた彼女はニューヨークのパーチェス校で音楽を学びながら『Lush』(2012)、『Retired from Sad, New Career in Business』(2013年)をセルフ・リリース。シンガー・ソングライターとしての才能を驚異的なペースで発揮し、大学卒業後には3作目となる『Bury Me At Makeout Creek』をリリース。PitchforkやNME、Rolling Stone等主要音楽メディアから多くの賞賛を浴びた。そして<Dead Oceans>と契約、2016年にニュー・アルバム『ピューバティー2』をリリース。同年12月にはソロアコースティックセットでので初来日公演を開催。2017年11月、バンド編成での初ジャパンツアーを行った。