Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.11.02マシュー・ハーバート・ブレグジット・ビッグ・バンドが明日から日本ツアーを開催

マシュー・ハーバート・ブレグジット・ビッグ・バンドが明日から日本ツアーを開催

マシュー・ハーバート・ブレグジット・ビッグ・バンドがいよいよ明日から14年振りとなるビック・バンド名義での日本ツアーを開催!コメント・ビデオが到着!

奇才マシュー・ハーバートがマシュー・ハーバート・ブレグジット・ビッグ・バンドとして約14年振りとなるビッグ・バンドでの日本ツアーを明日からスタートさせます。11月3日(金・祝)に開催されるモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017初日へ出演し、更にブルーノート東京にて単独公演(11月7日(火)、11月8日(水)各2ステージ)を行います。今回は18名のミュージシャンを引き連れてのライブを予定しており、今までにない豪華なライブになりそうです。


2014年にドイツ、ボンで行ったライブ映像はこちら



さらに今回の来日によせて、本人撮影のリハーサル風景のビデオ&コメントが到着!
これまで2枚のアルバムをリリースしてきた「ザ・マシュー・ハーバート・ビッグ・バンド」に、「ブレグジット(BREXIT)」の文字が加わった今回のプロジェクトは文字どおり、イギリスの"欧州連合脱退"に端を発しているとの事です。DJやマシュー・ハーバート名義とは一線を画す、大所帯でのビッグ・バンド編成で奏でられる壮大な演奏は必見です。


マシュー・ハーバートのリハーサル風景とメッセージはこちら


The Matthew Herbert Big Band 「Simple Mind」ライブ映像はこちら


The Matthew Herbert Big Band 「Everything's Changed」ライブ映像はこちら


更にマシュー・ハーバートは11/6(月)にウェブ・ストリーミング・サイト、Dommuneに出演することが決定しています。
Dommune出演は今回で2回目となるハーバートはele-kingの野田努氏と松村正人氏を聞き手にインタビューを行い、 更に自分史をモチーフとしたDJプレイを全世界に配信致します。こちらもお見逃しなく!

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2017

●出演者
マシュー・ハーバート・ブレグジット・ビッグ・バンド、ジョーイ・アレキサンダー、三宅純、菊池成孔、ファラオ・サンダース・カルテット、クレモンティーヌ、ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ他

●開催日時
11月3日(金・祝):開場15:00 / 開演15:30
11月4日(土):開場15:00 / 開演15:30
11月5日(日):開場15:00 / 開演15:30

●会場
恵比寿ザ・ガーデンホール
(〒153-0062 東京都目黒区三田1−13−2)

●チケット(券種 / 料金)
前売:A券¥12,000 / S券¥17,000 / SS券¥25,000
ペアA券:¥23,000(2名1組)※前売数量限定
グループA券:¥44,000(4名分)※前売数量限定
3日通しA券:¥33,000 ※前売数量限定
※S券特典:オリジナルトートバッグ / ウェルカムドリンク / 4F利用 / 専用入場ゲート(予定)
※SS券特典:S券特典プラス限定グッズ(予定)
※未就学児童は入場不可

お問い合わせ:ディスクガレージ カスタマーセンター
TEL:050-5533-0888(平日12:00~19:00)
http://www.montreuxjazz.jp/

【ブルーノート東京】MATTHEW HERBERT'S BREXIT BIG BAND

●日時
2017年11月7日(火)、11月8日(水)
[1stステージ]オープン5:30pm / スタート6:30pm
[2ndステージ]オープン8:20pm / スタート9:00pm

●Member
本田雅人(サックス)
鈴木圭(サックス)
黒葛野敦司(サックス)
小池修(サックス)
渡辺恭一(サックス)
エリック・ミヤシロ(トランペット)
奥村晶(トランペット)
小澤篤士(トランペット)
二井田ひとみ(トランペット)
中川英二郎(トロンボーン)
半田信英(トロンボーン)
笹栗良太(トロンボーン)
山城純子(トロンボーン)
青柳誠(ピアノ)
川村竜(ベース)
北井誉人(ドラムス)

●Music Charge:¥8,800(税込)
●会場
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
ご予約・お問合せ : 03-5485-0088
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/matthew-herbert/

Release Infoリリース情報

The Matthew Herbert Big Band - Goodbye Swingtime
Goodbye Swingtime
byThe Matthew Herbert Big Band

絶賛発売中!
レーベル:Accidental / Hostess

<トラックリスト>
01. Turning pages
02. Everything's changed
03. Fiction
04. The three w's
05. Chromoshop
06. The battle
07. Misprints
08. The many and the few
09. Simple mind
10. Stationary

※アルバム『グッバイ・スウィングタイム』絶賛配信中!
http://smarturl.it/tfnr77

Release Infoリリース情報

The Matthew Herbert Big Band - There's Me And There's You
There's Me And There's You
byThe Matthew Herbert Big Band

絶賛発売中!
レーベル:Accidental / Hostess

<トラックリスト>
01. The Story
02. Pontificate
03. Waiting
04. The Yesness
05. Battery
06. Regina
07. The Rich Man's Prayer
08. Breathe
09. Knowing
10. Nonsound
11. One Life
12. Just Swing

※アルバム『ゼア・イズ・ミー・ゼア・イズ・ユー』絶賛配信中!
http://smarturl.it/j35d7c

Short Biographyショート・バイオ

1972年、BBCの録音技師だった父親のもとに生まれる。幼児期からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、1995年にウィッシュマウンテン名義で音楽活動をスタートさせる。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット、レディオボーイ、本名のマシュー・ハーバートなど様々な名義を使い分け、次々に作品を発表。彼の作品はミニマル・ハウスからミュジーク・コンクレート、社会・政治色の強いプロテスト・ポップに至るまでジャンル、内容を越え多岐に亘っている。また、プロデューサーとしても、ビョーク、REM、ジョン・ケール、ヨーコ・オノ、セルジュ・ゲンズブール等のアーティストのプロデュースおよびリミックスを手掛けている。2010年、本名であるマシュー・ハーバート名義で「ONE」シリーズ3作品(One One, One Club, One Pig)をリリース。2014年には4曲収録EPを3作品連続でリリースしている。そして2015年には名作『ボディリー・ファンクション』、『スケール』を彷彿とさせる全曲ボーカルを採用した『ザ・シェイクス』をリリースしHostess Club All-Nighterでの来日公演も行った。2017年8月開催のHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにてレジデントDJとして3年連続の出演を果たす。 2017年11月に14年振りとなるビッグ・バンド名義での来日が決定している。