Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.10.05インヘヴンのデビュー・アルバム日本盤がリリース、収録曲「Stupid Things」MV公開

インヘヴンのデビュー・アルバム日本盤がリリース、収録曲「Stupid Things」MV公開

ジュリアン・カサブランカスのお気に入り!新世代ロック・バンド、インヘヴンのデビュー・アルバム日本盤がリリース!収録曲「Stupid Things」MVも公開!

シューゲイズなブリティッシュ・パンクロックに、ソニック・ユースやニルヴァーナのような90'sなオルタナ・ロックを加えたロンドンの気鋭ロック・バンド、インヘヴン。2015年に発表したデビューEPがザ・ストロークスのジュリアン・カサブランカスの目にとまり、後に彼が主宰する<Cult Records>からファースト・シングル「Regeneration」をリリースし、一気に世界中のインディーキッズの注目を集めた。サーカ・ウェーヴスやブロッサムズらとツアーをまわり、そのスタイルはピクシーズ、ニルヴァーナ、スマッシング・パンプキンズらが引き合いに出されてきた。


昨日、満を持して待望のデビュー・アルバム『インヘヴン』日本盤が発売された。ロイヤル・ブラッド、ピクシーズ、ザ・マッカビーズを手がけるトム・ダルゲティがプロデュースを手掛け、伝統あるロックフィールド・スタジオにてレコーディングが行われた。海外媒体からの評価も高く、英NMEは"インディーズ界の中で、最も危険で刺激的なデビュー・アルバム"と絶賛している。


昨日新たに収録曲「Stupid Things」のミュージックビデオが公開された。昔の青春映画『Pretty in Pink(邦題:恋人たちの街角)』『The Graduate(邦題:卒業)』『Badlands(邦題:地獄の逃避行)』『Singles』の象徴的なシーンを貼り合わせた映像作品となっている。誰でも一度は経験したことのあるような若い頃の経験について歌っている曲で、バンドは本楽曲について"現実ではない愛、頭の中で勝手に作り上げたロマンチシズムについての曲"と語っている。ジェームスとクロエのツインボーカルで紡がれるメロディが印象的で、アルバムの中でも最もロマンチックでアンセミックな1曲だ。


「Stupid Things」のミュージック・ビデオはこちら:


「World On Fire」のミュージック・ビデオはこちら:


「Treats」のミュージック・ビデオはこちら:


「Vultures」のミュージック・ビデオはこちら:

Release Infoリリース情報

INHEAVEN - INHEAVEN
INHEAVEN
byINHEAVEN

HSE-4262
2017.10.04 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ 付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

ライナップは、ジェームス・テイラー(ヴォーカル/ギター)、クロエ・リトル(ベース)、ジェイク・ルーカス(ギター)と、ジョー・ラザラス(ドラム)。
共通の音楽の趣味で意気投合したジェームスとクロエが立ち上げたプロジェクトに、ジェイクとジョーも参加したことでバンドを結成。バンド名はデヴィッド・リンチの映画『イレイザーヘッド』のサントラ収録曲からつけられた。ザ・ストロークスのジュリアン・カサブランカスの目にとまり、2015年に彼が主宰する<Cult Records>からファースト・シングル「Regeneration」をリリース。翌年11月に発表した4枚目となるシングル「Treats」は、英DIY MAGにおいて読者が選ぶ年間最優秀楽曲に選ばれた。2017年10月、待望のセルフタイトル・デビュー・アルバムを発売。