Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.09.28モグワイ、全英6位を獲得した新作より「Crossing The Road Material」の音源を公開

モグワイ、全英6位を獲得した新作より「Crossing The Road Material」の音源を公開

キャリア最高位となる全英6位を獲得したモグワイ、新たな音源を公開!メンバーが楽曲制作の裏側を語る字幕入りミニ・インタビュー動画が公開!

3年ぶり9作目となる新作『エヴリ・カントリーズ・サン』をリリースした英ポストロック界の重鎮、モグワイ。敏腕プロデューサー、デイヴ・フリッドマンと再タッグを組み制作された本作は、モグワイのキャリア史上最高位となる全英6位を獲得した。ここ日本でもiTunes JP Alternative Chart にて1位を獲得するなど高い支持を集めている。英ガーディアン誌は「辛い人生の混沌に光を射す輝かしい音楽」と評価し、その他にもMOJOをはじめとする海外の著名媒体も惜しみない称賛を送っている。


MOJO 4/5
モグワイが桁外れの轟音と心がつぶされるような静けさの相反する二元を追求し続けることに、そろそろ息切れしてきたのではないかと疑う者がいたとしたら。一言で言おう、それは誤りだと。


The Evening Standard 4/5
これまで以上にモグワイらしい音に、世界が追いつくのが待たれる


Uncut 8/10
今まで以上に活気に満ち、説得力を持って、心奪われる


Loud & Quiet 9/10
刷新され、再びその個性が強く前に出たバンドの音


Classic Rock 9/10
サウンドトラックを手掛けることから少し離れて製作された『エヴリ・カントリーズ・サン』の音は、皮肉にも、本来のモグワイ自身の姿を輝かしく照らすサウンドトラックのようだ


Clash 8/10
雄大で卓越した、圧倒的素晴らしさ


The Quietus
他の数歩先を歩んでいる


London In Stereo
疑いようがなく、年間ベストアルバム候補



そんな中、アルバムから新たに「Crossing The Road Material」のオフィシャル・オーディオが公開された。アンセミックでありモグワイらしいラウドなギター・サウンドが響いている1曲だ。さらにスチュアートとマーティンが楽曲制作について語ったミニ・インタビューの字幕入り動画も公開となった。新たに公開された「Crossing The Road Material」やリード・トラック「Coolverine」などの楽曲制作の舞台裏が楽しめる内容になっているので、ぜひチェックしてほしい。



「Crossing The Road Material」の試聴はこちら:


「Eternal Panther」の試聴はこちら:


「Party In The Dark」のMVはこちら:


「Coolverine」のMVはこちら:



ミニ・インタビュー映像はこちら:


「Crossing The Road Material」について:


「Coolverine」について:


「Party In The Dark」について:

Release Infoリリース情報

Mogwai - Every Country's Sun
Every Country's Sun
byMogwai

HSE-4224
2017.09.01 on sale / 2,490円+税
※日本盤はボーナストラック(1曲)、歌詞対訳(矢岸礼子)、ライナーノーツ(天井潤之介)付
≫ More Info

Release Infoリリース情報

Mogwai - Coolverine
Coolverine
byMogwai

HSE-4207
2017.08.02 on sale / 1,500円+税
※フォーマット:7インチ
※完全生産限定盤、日本独自企画盤、歌詞対訳、バンドによる楽曲解説付き
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1995年にスチュアート(G)、ドミニク(B)、マーティン(Dr)、バリー(Vo, G, Key)で結成されたポストロック界で最も影響力を持つ重鎮バンド。97年のデビューから現在までに8枚のスタジオ・アルバムを発表。フジロック'06でのトリや、メタモルフォーゼ'10では圧巻のステージを披露し話題に。11年2月の日本公演では2公演をソールドアウトにし、また同年のフジロック'11ではグリーンステージに出演。変わらぬ人気の高さを証明した。14年1月には、約3年ぶりとなる8thアルバム『レイヴ・テープス』をリリース。同年2月のHostess Club Weekenderでヘッドライナーを務め、8月にはソニックマニア、そしてサマーソニックにて再来日を果たした。15年10月、ベスト・アルバム『セントラル・ベルターズ』を発売、翌年4月にサウンド・トラック『アトミック』を発売し、その翌月には3都市をまわるジャパン・ツアーを開催した。17年8月にはHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにヘッドライナーの1組として出演。 同年9月、新作『エヴリ・カントリーズ・サン』を発売し、キャリア最高位となる全英6位を獲得した。18年8月、『キン:オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック』をリリースする。