Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.09.04フアナ・モリーナ、11月にビルボードライブ公演が新たに決定!

フアナ・モリーナ、11月にビルボードライブ公演が新たに決定!

フアナ・モリーナ、11月にビルボードライブ公演が決定!単独、テリー・ライリー/ジェフ・ミルズとの対バン公演のチケットも絶賛発売中!

約3年半ぶりとなるニュー・アルバム『ヘイロー』を発売し、先月末開催されたサマーソニック東京初日のGARDEN STAGEのトリを飾り、翌日には京都METROにて公演も行なったフアナ・モリーナが先日、来る11月に早くも再来日することが発表されたばかり。テリー・ライリー、ジェフ・ミルズとの対バンを含む全4公演を実施することがすでに明らかになっていたが、ここへきて新たにビルボードライブ公演が東京と大阪にて行なわれることが決定した。


独創的世界観を創造するフアナ・モリーナが、約3年半振りの新作『ヘイロー』を携えてビルボードライブにカムバックする! ブエノスアイレス出身、父は有名なタンゴ歌手オラシオ・モリーナ。女優・コメディアンとして活躍した後、96年にシンガーとしてデビュー。セカンド・アルバム『セグンド』(2000年)がここ日本でも話題を呼ぶ。ヴァシティ・バニヤン、フェルナンド・サマレアら多くの鬼才と呼ばれるアーティストからの絶賛や、高橋幸宏、レイ・ハラカミ、クラムボンの原田郁子ら日本のアーティストからも支持も受ける彼女。今年4月に発売された最新アルバム『ヘイロー』は、まるで神秘的な儀式が繰り広げられるようなミステリアスでスリリングな雰囲気を漂わせている。音楽ジャンルの壁を凌駕する唯一無二のリズムに陶酔したい。


なお、テリー・ライリー/ジェフ・ミルズとの対バン、代官山・晴れたら空に豆まいてにて開催されるフアナの単独公演のチケットも好評発売中なのであわせてチェックしよう!


「In the lassa」のミュージック・ビデオはこちら:


「Lentísimo halo」のミュージック・ビデオはこちら:

来日公演情報

●ビルボードライブ公演

2017年11月6日(月)Billboard Live Tokyo
1st:Open 17:30 / Start 19:00
2nd:Open 20:45 / Start 21:30

2017年11月10日(金)Billboard Live  Osaka
1st:Open / Start : 17:30 / 18:30
2nd:Open / Start : 20:30 / 21:30

予約受付開始:会員:9月1日(金)・一般:9月8日(金)
東京:7,400円(サービス席)/ 5,900円(カジュアル席)
大阪:7,500円(サービス席)/ 6,500円(カジュアル席)
※カジュアルのみ1DRINK付
ご予約・お問い合わせ:ビルボードライブ東京 予約センター 03-3405-1133 / www.billboard-live.com
主催:Billboard Live Tokyo(03-3405-1133)/ Billboard Live Osaka(06-6342-7722)

●フアナ・モリーナ単独公演
2017年11月3日(金・祝):2 shows 入替制
@代官山 晴れたら空に豆まいて

1st show:open 17:30 / start 18:00
2nd show:open 19:30 / start 20:00

チケット発売中!
前売 ¥6,500(+1ドリンク / 整理番号順入場)
イープラスのみにて取り扱い

主催:晴れ豆インターナショナル
お問い合わせ:代官山 晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880 / mameromantic.com

●晴れ豆インターナショナル presents テリー・ライリー×フアナ・モリーナ
2017年11月8日(水)@WWW X

open 18:30 / start 19:30

●晴れ豆インターナショナル presents フアナ・モリーナ×ジェフ・ミルズ
2017年11月8日(水)@WWW X

open 18:30 / start 19:30

チケット発売中!
前売 7,300円 / 当日 7,800円(各日共通 共にドリンク別)
イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット及びPeatixにて取り扱い

主催:晴れ豆インターナショナル
協力:U/M/A/A Inc. WWW
お問い合わせ:代官山 晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880 / mameromantic.com

Release Infoリリース情報

Juana Molina - Halo
Halo
byJuana Molina

HSE-6388
2017.04.28 on sale / 2,490円+税
※日本盤は先行発売、ボーナス・トラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(石田昌隆)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

音楽ジャンルの壁を凌駕する唯一無二の独創的才能を持つアルゼンチンのアーティスト。1996年デビュー。'00年に発表した2ndアルバム『セグンド』によって人気に火がつき、徐々に世界にその名が知られ始める。3rdアルバム『トレス・コーサス』は、U2、ビョーク、カニエ・ウエスト、アニマル・コレクティブ等のアルバムと並んで、New York Timesの"The Best Pop Album of 2004"に選出される。'04年には元トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンと全米をツアー。来日も多く、レイ・ハラカミ、勝井佑二(ROVO)、高橋幸宏、原田郁子(クラムボン)、相対性理論等日本のアーティストとの共演多数。中納良恵(EGO-WRAPPIN')からフィリップ・セルウェイ(ds.レディオヘッド)まで、様々なアーティストからフェイヴァリットに挙げられている。2013年11月、約5年振りとなる最新作『ウェッド21』をリリース。その後もほぼ毎年来日し公演を行なっている。2017年4月、約3年半ぶりとなるニュー・アルバム『ヘイロー』を発売。8月にはサマーソニック出演や京都公演を実施。11月には再来日公演が決定している。