Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.08.16最新作『リラクサー』を発売したアルト・ジェイ、東京1夜限りの来日公演が決定!

最新作『リラクサー』を発売したアルト・ジェイ、東京1夜限りの来日公演が決定!

2年9か月ぶりのニュー・アルバム『リラクサー』を発売したアルト・ジェイ、東京・赤坂Blitzにて1夜限りの来日公演が11月に開催決定!

2年9ヶ月ぶりのニュー・アルバム『リラクサー』を発売したアルト・ジェイ。
今や世界各国のフェスでヘッドライナー級の人気を誇る彼らが東京は赤坂Blitzにて1夜限りの来日公演を開催することが決定しました!
9月2日(土)からのチケット一般発売に先駆けて8月17日(木)からはHostess Entertainmentメルマガ・LINEご登録者様を対象としたチケット先行予約がスタートとなりますのでお見逃しなく。


アルト・ジェイ来日公演オフィシャルサイトはこちら:
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20171124.html



英リーズ出身の 3人組ロックバンドであるアルト・ジェイは卓越したソングライティングでフォークからダブ・ステップまでの様々な音楽的要素を取り入れ、12年に発表したデビュー・アルバム『アン・オーサム・ウェーヴ』で大ブレイク。イギリスで最も権威のある音楽賞「マーキュリー・プライズ」を受賞すると、セカンド・アルバム『ディス・イズ・オール・ユアーズ』が全英1位を記録し、グラミー賞/BRITアワードにノミネートするなど着実にステップアップを重ね今や押しも押されぬ人気バンドに。
最新作『リラクサー』もゲストにウルフ・アリスのエリー・ロウゼルやマリカ・ハックマンが参加し今年の名盤の一つとして大きな話題となっています。
最新作からは3曲のミュージック・ビデオが公開中!予習の為に今すぐチェックを!


「Deadcrush」のミュージック・ビデオはこちら:


「3WW」のミュージック・ビデオはこちら:


「In Cold Blood」のミュージック・ビデオはこちら:


※最新アルバム『RELAXER』絶賛配信中!
http://smarturl.it/uqiedb

Creativeman & Hostess Club Presents alt-J

日程・会場:
2017年11月24日(金)東京・赤坂Blitz
Open 18:00 / Start 19:00

チケット:
9月2日(土)より一般販売スタート!
1Fスタンディング¥7,000(税込・1 Drink別途)
2F指定席¥7,500(税込・1 Drink別途)

<お問い合わせ>
クリエイティブマン 03-3499-6669

公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20171124.html
主催:Hostess Entertainment / Creativeman
制作・招聘:Creativeman

※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

Release Infoリリース情報

alt-J - RELAXER
RELAXER
byalt-J

HSE-4094
2017.06.02 on sale / 2,400円+税
※日本盤オリジナル・アートワーク、ロゴ入りギターピック、歌詞対訳、バンドによるセルフライナーノーツ 付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

英リーズ出身の3人組ロックバンド。卓越したソングライティングでフォークからダブ・ステップまでの様々な音楽的要素を取り入れている。12年に発表したデビュー・アルバム『アン・オーサム・ウェーヴ』(全英13位/インディー1位)がイギリスで最も権威のある音楽賞「マーキュリー・プライズ」を受賞。翌年、英国/アイルランドの優れたソング・ライター/作曲家へ贈られるミュージック・アワーズ、第58回アイヴァー・ノヴェロ賞において「最優秀アルバム賞」を受賞し世界的ブレイクを果たす。ここ日本でもフジロック'12、サマーソニック2013、15年の単独公演と、3度に渡って来日し圧倒的なパフォーマンスを披露し人気を集めた。14年1月、ベーシストのグウィルがバンドを脱退。同年発売されたセカンド・アルバム『ディス・イズ・オール・ユアーズ』が全英1位を記録し、グラミー賞/BRITアワードにノミネートされるなど、話題作となる。17年6月、2年9ヶ月ぶりとなるサード・アルバム『リラクサー』をリリース。同年11月、東京・赤坂Blitzにて1夜限りの来日公演を開催することが決定している。
現在のライナップは、ジョー・ニューマン(ギター/ヴォーカル)、ガス・ウンガー・ハミルトン(キーボード)、トム・グリーン(ドラム)。