Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.08.03プライマスが6年振りとなる新作を9月にリリースすることが決定、新曲も公開に

プライマスが6年振りとなる新作を9月にリリースすることが決定、新曲も公開に

ミクスチャー・ロックバンドのパイオニア、プライマスがオリジナル・アルバムとしては6年振りとなる新作を9月29日にリリース!新曲「The Seven」も発表!

天才ベーシストのレス・クレイプール(以下:レス)がフロントマンを務める、米サン・フランシスコ出身の超絶ミクスチャー・ロックバンド、プライマスが9月29日に6年振りとなる新作『ザ・ディサチュレーティング・セヴン』を<ATO>からリリースすることを発表した。


バンドは2014年に映画『夢のチョコレート工場(原題:Willy Wonka & the Chocolate Factory)』をテーマにした企画アルバム『プライマス&ザ・チョコレート・ファクトリー・ウィズ・ザ・ファンガイ・アンサンブル』を発表し、その後は各メンバーがそれぞれ個人活動を行ってきた。中でも注目を集めたのはレスとショーン・レノンによる新バンド、ザ・クレイプール・レノン・デリリウムで、2016年夏に『モノリス・オブ・フォノス』でアルバム・デビューを果たした。


プライマスにとって9作目となるオリジナル・スタジオアルバムとなる本作『ザ・ディサチュレーティング・セヴン』は、レス・クレイプール(ヴォーカル、ベース)、ラリー・ラロンデ(ギター)、ティム・アレキサンダー(ドラム)という1995年発表の全米8位獲得作『テイルズ・フロム・ザ・パンチボール』以来の黄金期ラインナップで制作された。


本作はイタリアの作家・画家ウル・デ・リコの絵本『(原題:The Rainbow Goblins)』のストーリーに影響を受けており、レスはその絵本やコンセプトについて次のように語っている:


「何年も前のことだけど、子供たちがまだ小さい頃に俺のカミさんが毎晩のように『虹伝説』という絵本を読みきかせてあげていたんだ。その本の暗さと芸術的な美しさには瞬時に心奪われて、これは音楽にとっての良い飼料になるって思ったんだ。絵と文章両方に言えることなんだけど、色使いと暗さが圧倒的なんだよ。あれから20年近く経った今、そこに込められていた"欲、暴食、偽り対大衆の結束"という比喩が、不気味なほどに現実味を帯びたんだ。
その思いをプライマスのみんなに伝えたら、みんなも興味を持ってくれた。それに、そろそろゴブリン・ロックが復活すべき時じゃないかとも思ったんだ」


アルバム発表と同時に新曲「The Seven」も同時発表されている。

Release Infoリリース情報

Primus - The Desaturating Seven
The Desaturating Seven
byPrimus

レーベル:ATO / Hostess
発売日:2017年9月29日(金)

※新曲「The Seven」iTunes配信中&アルバム予約受付中!
http://smarturl.it/8ql4r1

Short Biographyショート・バイオ

1984年に結成した米カリフォルニア出身のロック・バンド。メンバー・チェンジを経て現在のメンバーはレス・クレイプール(Vo,B)、ラリー・ラロンデ(G)、ティム・アレキサンダー(Dr)。1991年に『セイリング・ザ・シーズ・オブ・チーズ』でメジャー・デビュー。1993年に発表した3作目『ポーク・ソーダ』が全米7位を獲得し世界的ブレイクを果たす。2014年に映画『夢のチョコレート工場(原題:Willy Wonka & the Chocolate Factory)』をテーマにした企画アルバム『プライマス&ザ・チョコレート・ファクトリー・ウィズ・ザ・ファンガイ・アンサンブル』を発表。2017年10月、1995年以来の黄金期ラインナップによる9作目『ザ・ディサチュレーティング・セヴン』を発表する。