Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.07.21ナイン・インチ・ネイルズが新EP『アッド・ヴァイオレンス』を本日リリース

ナイン・インチ・ネイルズが新EP『アッド・ヴァイオレンス』を本日リリース

グラミー賞2度受賞のカリスマ!ナイン・インチ・ネイルズが配信先行で新EP『アッド・ヴァイオレンス』を本日リリース!

グラミー賞2度受賞のカリスマ、トレント・レズナー率いるナイン・インチ・ネイルズが本日、7月21日(金)に配信先行で新EP『アッド・ヴァイオレンス』をリリースしました。


先週、突如公開されたアドレナリン全開の重量級シングル「Less Than」が話題沸騰中のなかバンド・メンバーであるトレント・レズナーとアッティカス・ロスによって制作された至極の5曲が収録された新EPがリリースされました。本EPは昨年末にリリースされた『ノット・ザ・アクチュアル・イベント』に続くEP3部作の第2弾となる作品で、CDフォーマットでのリリースを9月に予定しています。


シングル「Less Than」のミュージック・ビデオはこちら


「Less Than」のミュージック・ビデオには海外の都市伝説ゲーム『Polybius』が使用されています。こちらのゲームは1980年代のアメリカ、ポートランドに存在したと言われている『Tempest』風アーケードゲームであり同名タイトルの作品がPS4(PS VR)向けに海外発売されています。


バンドは今週末(7月23日)にロサンゼルスで行われるFYF Festに出演予定、更には来週末(7月30日)にはニューヨークで開催されるPanoramaフェスにヘッドライナーとして出演することが決まっています。


新曲「This Isn't The Place」の試聴はこちら

Release Infoデジタル・リリース情報

Nine Inch Nails - Add Violence
Add Violence
byNine Inch Nails

発売日:2017年07月21日(金)
レーベル:The Null Corporation

<トラックリスト>
01. LESS THAN
02. THE LOVERS
03. THIS ISN'T THE PLACE
04. NOT ANYMORE
05. THE BACKGROUND WORLD

※ナイン・インチ・ネイルズ 新EP「アッド・ヴァイオレンス」配信中!
http://smarturl.it/52fguz

Short Biographyショート・バイオ

トレント・レズナーによって1988年に結成されたナイン・インチ・ネイルズは、インダストリアル・ミュージック・ムーヴメントの先駆者であり、エレクトロニック・ミュージックの進化に多大な影響を及ぼした存在として知られている。複数のプラチナ・アルバムを獲得した『プリティ・ヘイト・マシーン』(1989)や『ブロークン』(1992)、『ザ・ダウンワード・スパイラル』(1994)を含む彼らのレコードは、精巧なデジタル・プロダクションに革命をもたらした。ナイン・インチ・ネイルズは世界中で合計3000万枚以上のアルバムセールスを記録し、米ビルボードの"モダン・ロック"ラジオチャートでナンバーワンを記録した「The Hand That Feeds」、「Only」、「Every Day Is Exactly the Same」、「Survivalism」を含む数々のヒットシングルを送り出し、さらには二度にわたりグラミー賞を受賞している。2013年リリースの『ヘジテイション・マークス』はビルボードのオルタナティヴ・アルバムおよびトップ・ロック・アルバム両チャートで初登場1位を獲得し、ローリング・ストーン誌やニューヨーク・タイムズ紙、スピンやオルタナティヴ・プレスといった数々のメディアが年間ベストアルバムに選出。このアルバムのリリース後、ナイン・インチ・ネイルズは大規模な世界ツアーにも出ている。EP三部作の最初の2作となる『ノット・ジ・アクチュアル・イベンツ』(2016)、『アッド・ヴァイオレンス』(2017)のリリース後、彼らは数々のフェスティヴァルのヘッドライナーとしての圧倒的なパフォフォーマンスでその評価をさらに高めた。シカゴ・トリビューン紙は彼らの「記憶に残る」ライヴセットは「Riot Fest2017で最高の瞬間のひとつ」だったと称え、ブルックリン・ヴィーガンは「ナイン・インチ・ネイルズは、彼らの新曲が昔の曲に匹敵することを証明した......これらの曲は『ザ・ダウンワード・スパイラル』が抱いていたのと同じ独特のスリルを感じさせながら、同時に2017年の音楽における文脈にぴったりとはまっている」と評し、フォーブスは「ナイン・インチ・ネイルズは依然として、疑いの余地なく、世の中のライヴ・ミュージック体験の中でも最高のカタルシスを感じさせてくれる」と絶賛している。