Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.07.21Okada Takuro(ex. 森は生きている)がソロ名義として新曲を発表&配信スタート

Okada Takuro(ex. 森は生きている)がソロ名義として新曲を発表&配信スタート

Okada Takuro(ex. 森は生きている)がソロ名義として新曲「硝子瓶のアイロニー」を発表&配信を本日からスタート!

2枚のアルバムを発表して2015年に突如解散をした森は生きているのリーダー、岡田拓郎がソロ名義Okada Takuroとして新曲「硝子瓶のアイロニー」を発表&配信が本日からスタートしました!


2015年に森は生きている解散後、映画『PARKS パークス』への楽曲提供やSouth Penguinの作品プロデュース、MUSIC MAGAZINEでの執筆活動、okada takuro+duennとしてコラボ盤リリースなど多岐に亘って活動を行っていた彼が、この度Hostess Entertainmentから新曲「硝子瓶のアイロニー」を配信リリースしました。


今回発表された新曲「硝子瓶のアイロニー」はOkada Takuroソロ名義としては初の配信リリースとなり、マスタリングはボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビが手掛けています。また、同じく元・森は生きているの谷口雄がアコースティック・ピアノ、吉田ヨウヘイgroupの西田修大がエレキ・ギター、さらにジャズ・ドラマーの石若駿がドラマーとして同楽曲に参加。現在、Hostess EntertainmentのYoutubeにて試聴が可能となっています。


Okada Takuro、新曲「硝子瓶のアイロニー」試聴はこちら:

Release Infoリリース情報

Okada Takuro - 硝子瓶のアイロニー
硝子瓶のアイロニー
byOkada Takuro

発売日:2017年7月21日(金)
レーベル:Hostess Entertainment

<トラックリスト>
1. 硝子瓶のアイロニー

※配信詳細はこちら
http://www.onlyindreams.com/artist/okadatakuro.html

Short Biographyショート・バイオ

東京を拠点にギター、ペダルスティール、マンドリン、エレクトロニクスなどを扱うマルチ楽器奏者/作曲家。
2012年にバンド「森は生きている」を結成。P-VINE RECORDSより『森は生きている』、自身がミキシングを手がけた『グッド・ナイト』をリリース。両アルバムとも、ジャケット写真も手がける。2015年に解散。個人活動としては、Daniel Kwon、James Blackshawなどのレコーディング、ライブに参加。2015年には菊地健雄監督作品、映画『ディアーディアー』の音楽を担当している。
近年は映画『PARKS パークス』への楽曲提供やSouth Penguinの作品プロデュース、okada takuro+duennとしてコラボ盤リリースを行う一方、『Jazz The New Chapter』や『Folk Roots, New Routes フォークのルーツへ、新しいルートで』などにて執筆も行う。
2017年10月、ソロ名義Okada Takuroとしてデビュー・アルバム『ノスタルジア』をHostess Entertainmentからリリース。