Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.06.15エヴリシング・エヴリシングが新作のリリースを発表、1stシングルのMVが公開に

エヴリシング・エヴリシングが新作のリリースを発表、1stシングルのMVが公開に

結成10周年の4人組エレクトロポップ・バンド、エヴリシング・エヴリシングがシミアン・モバイル・ディスコのジェイムスと制作した新作のリリースを発表!

今年で結成10周年を迎えたマンチェスターの4人組エレクトロポップ・バンド、エヴリシング・エヴリシングが、シミアン・モバイル・ディスコのジェイムス・フォード(アークティック・モンキーズ、フォールズ、デペッシュ・モード)と制作した3年ぶり、4作目となる『ア・フィーヴァー・ドリーム』を8月にリリースすることがわかった! 早速ダークでダンサブルなファースト・シングル「Can't Do」のミュージック・ビデオが公開された。


「Can't Do」は、1組の素晴らしいバンドの絶えることのない創造性に富んだ道のり、無数のアイディアをひとつのポップ・ソングに組み込む能力、そして同時にこれまで以上にストレートで明解であることを再確認する1曲。シンセサイザーのイントロに続いて登場するジョナサン(・ヒッグス)のユニークなヴォーカル。そしてバック・ヴォーカルとベース・ラインに導かれて行き着くサビは、強い高揚感に溢れている。なんとも魅惑的な復活作。同楽曲についてジョナサンは、歌詞の一節を交えて次のように話している。
「世界の形をかえて、そこに相応しい存在になることについての曲さ。ノーマルな人間なんていないし、むしろ何がノーマルかなんて誰もわからない。"君のやりたいようにはできない ー そんなの気にしない、ただダンスしてくれればいいんだ"」。


インディー・ロックとエレクトロポップを混ぜ合わせたようなエクスペリメンタルなサウンドを特徴とするエヴリシング・エヴリシングは、過去3作がすべて本国のチャートにてトップ10入りした大人気バンド。この夏はレディング&リーズ・フェスティバルをはじめとするライヴが続々決定しており、すでにその半数がソールド・アウトするなど、結成10周年を迎えた今もなおその人気は健在。ここ日本でも"SUMMER SONIC '10"や3マンのイベントへの出演のほか、日本限定ミニ・アルバム『スクーリン』もリリースしていることから、多くのファンが新作を待ちわびていたに違いない。今後も続報に期待しよう!

Release Infoリリース情報

Everything Everything - A Fever Dream
A Fever Dream
byEverything Everything

HSE-6474
2017.08.18 on sale / 2,400円+税
※日本盤はボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

デビュー以来、イギリス/アイルランドの重要な音楽賞であるアイヴァー・ノヴェロ賞やマーキュリー賞にノミネートされるなど高い評価を受けてきた、マンチェスターの知性派ダンス・ロック・バンド。インディー・ロックとエレクトロポップを混ぜ合わせたようなエクスペリメンタルなサウンドが特徴。これまでにミューズやフォールズとのツアーを経験し、スケール・アップしてきた。マネジメントはテンプルズ、フランツ・フェルディナンド、ブロークン・ソーシャル・シーン等と同じRED LIGHT。デビュー時は"BBC Sound of 2010"に選出された。セカンド・アルバム『Arc』は全英チャート5位を獲得。"SUMMER SONIC '10"出演、そのタイミングで渋谷Duo Music Exchangeでもブラッド・レッド・シューズやバンド・オブ・スカルズと共に3マンのイベントを行なっている。また、同年には日本限定ミニ・アルバム『スクーリン』もリリースしている 。2017年8月、シミアン・モバイル・ディスコのジェイムス・フォードと制作した3年ぶり4作目となる新作『ア・フィーヴァー・ドリーム』をリリース予定。
メンバー:ジョナサン・ヒッグス(リード・ヴォーカル)、ジェレミー・プリチャード(ベース)、マイケル・スピアマン(ドラム)、アレックス・ロバートショウ(ギター)