Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.06.07ザ・ブラック・エンジェルズ、約4年ぶりの新作『デス・ソング』の日本盤が本日リリース!

ザ・ブラック・エンジェルズ、約4年ぶりの新作『デス・ソング』の日本盤が本日リリース!

米屈指のサイケデリック・ロックバンド、ザ・ブラック・エンジェルズの新作『デス・ソング』の日本盤が本日発売!アコースティック・セッション映像も公開!

アメリカの代表する実力派サイケデリック・ロックバンド、ザ・ブラック・エンジェルスの約4年ぶりとなるニュー・アルバム『デス・ソング』の日本盤が本日、6月7日にリリースされました!


今作は、シアトルとオースティンでレコーディングが行なわれ、プロダクションにはバンド・オブ・ホーセズやファーザー・ジョン・ミスティを手掛けたことでも知られるプロデューサー、フィル・エックが起用されています。ファジーなギターと激しいパーカッション、うねり暴れるヴォーカルが自由に行き交うサウンドの中に、強いメッセージ性と時代性が見え隠れしています。バンド結成から13年、メンバーそれぞれの人間としての成長を表すかのように本作は5枚のフル・ アルバムの中でも際立って政治色の強い作品となっています。


また、新たにアルバムから「Half Believing」と「I'd Kill for Her」のアコースティック・セッション映像が公開されています。


「Half Believing」アコースティック・セッション映像


「I'd Kill for Her」アコースティック・セッション映像


以前に公開された収録曲の映像はこちら


「Currency」のMVはこちら(一部流血シーンが有ります)


「Half Believing」(Visualizer)


「I'd Kill For Her」(Visualizer)


「Currency」(Visualizer)


バンドは先日スペインで行われたプリマヴェーラ・サウンドに出演しました。今後も大型フェスティバル出演が続き、9月にはヨーロッパ・ツアー、そして10月には西部をメインとした北米ツアーを再び行うことが決定しています。

Release Infoリリース情報

The Black Angels - Death Song
Death Song
byThe Black Angels

HSE-4074
2017.06.07 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

2004年、米テキサス州オースティンにて結成。バンド名は1967年のヴェルヴェット・アンダーグラウンドのデビュー・アルバムに収録されている「ザ・ブラック・エンジェルズ・デス・ソング」から付けられた。2005年にデビューEP『The Black Angels』、2006年にデビュー・フル・アルバム『Passover』、2008年にセカンド・フル『Directions To See A Ghost』をリリースし、コンスタントに作品を発表。2008年、バンドメンバーのうち2名はバンド活動に加えて、北米最大級のサイケ・ロックフェス<LEVITATION(旧Austin Psych Fes)>の共同設立に携わった。2010年に『フォスフィーン・ドリーム』をリリースし、翌年フジロック・フェスティバルに出演。2013年に『Indigo Meadow』、2014年にはEP『クリア・レイク・フォレスト』を発表し、継続的なライヴ・パフォーマンスで、ネオ・サイケデリックの代表格としてシーンを牽引する存在に成長。これまでに、コーチェラやグラストンベリー等数々の大型フェスティバルに出演し、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジやザ・ブラック・キーズ等ともツアーを実施。2017年、4年ぶり5枚目となるフル・アルバム『デス・ソング』をリリースした。