Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.05.26ソンゴイ・ブルース、UK若手グライムMCのエルフ・キッドをゲストに迎えた新曲を公開

ソンゴイ・ブルース、UK若手グライムMCのエルフ・キッドをゲストに迎えた新曲を公開

ソンゴイ・ブルース、新作からUK若手グライムMCのエルフ・キッドをゲストに迎えた新曲「Mali Nord (featuring Elf Kid)」を公開!日本盤の発売も決定!

デーモン・アルバーンやブライアン・イーノが絶賛し、ヤー・ヤー・ヤーズのギタリスト、ニック・ジナーとマーク・アントワーヌ・モロー(マルーン5、ケイナーン、アマドゥ&マリアム他)プロデュースによるデビュー・アルバム『ミュージック・イン・エグザイル』でたちまち世界中を虜にしたマリのソンゴイ族4人組から成るブルース・バンド、ソンゴイ・ブルース。そんな彼らが、2年ぶりとなるセカンド・アルバム『レジスタンス』を間もなくリリースすることはすでに発表されていたが、この度、南ロンドンの若手グライムMC、エルフ・キッドをゲストに迎えた収録曲「Mali Nord (featuring Elf Kid)」を公開した!


この曲に込められた想いについて、バンドは次のように話している。
「僕らとエルフ・キッドに関わる話題について伝えたかったんだ。"難民と移民"というね。これは我々みんなを取り巻くものなんだ。カッザーフィー政権の崩壊を得てリビアから逃れてきたのか、シリアからなのか、それともマリ国内においてなのか。難民はキャンプ生活をし、より良い生活を求めヨーロッパへ砂漠と海を渡り、多くの者がその過程で命を落とす。善人の命ばかりだ。そこに焦点をあてたかったんだよ。普段多くのメディアが報道しないところにね」


一方のエルフ・キッドは今回のコラボレーションについて、「ソンゴイ・ブルースは素晴らしいバンドで才能豊かなミュージシャン達だったので、このアルバムに関わらせてもらえてすごく光栄だった。彼らの力強いメロディと深くてメッセージ性の高い歌詞を混ぜ合わせるところが好きだね。今回、僕たちそれぞれの異なった世界観をひとつにすることは非常にチャンレンジングだったけど、今では早くこの曲をライヴで披露したくてたまらないよ!」とコメントしている。


2016年秋にプロデューサーにニール・コンバー(MIA、ジャンゴ・ジャンゴ、クリスタル・ファイターズ)を迎えて制作された今作『レジスタンス』は、他にもロンドン発のトラックメイカー、ラグジュアリーがシンセで、そしてあのイギー・ポップ、スティーリング・シープらがヴォーカルでゲスト参加している。


アルバムからはすでに「Bamako」も公開となっている。


ソンゴイ・ブルースらしく、地元の伝統的なスタイルとモダンなギター音楽を融合させた独特のサウンドを奏でてくれている『レジスタンス』、日本盤は7月19日(水)の発売となっているのでお楽しみに!

Release Infoリリース情報

Songhoy Blues - Résistance
Résistance
bySonghoy Blues

HSE-4156
2017.07.19 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)、歌詞対訳、ライナーノーツ 付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

12年1月に起きたマリ北部紛争を乗り越え、ソンゴイ族であることに誇りを持つ4人の若者、アリユ・トゥーレ(Vo)、ウマール・トゥーレ(B)、ガルバ・トゥーレ(G)、ナタネール・ダンベレ(Dr)で結成したブルース・バンド。伝統と現代、国産と外国産、若さと古代がブレンドされたサウンドは聴く者の心を躍らせ、ブライアン・イーノ、デーモン・アルバーン等著名アーティストも大絶賛。2015年、ヤー・ヤー・ヤーズのギタリスト、ニック・ジナーとマーク・アントワーヌ・モロー(マルーン5、ケイナーン、アマドゥ&マリアム他)プロデュースによるデビュー・アルバムをリリース。17年7月、2年ぶりとなる新作『レジスタンス』を発売。