Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.05.23来月ジャパンツアーを開催するアメリカン・フットボール、日本で撮影された新MVを公開

来月ジャパンツアーを開催するアメリカン・フットボール、日本で撮影された新MVを公開

待望のジャパンツアーを来月に控えるアメリカン・フットボールが、日本で撮影された「My Instincts Are The Enemy」のミュージック・ビデオを公開

米イリノイ州出身、マイク・キンセラ率いる伝説のエモ / ポスト・ロック・バンド、アメリカン・フットボールが、昨年リリースした17年ぶりの新作より、日本で撮影したという「My Instincts Are The Enemy」のミュージック・ビデオを公開した!


監督は、バンドの全てのアートワークをこれまで手がけてきたクリス・ストロング。ビデオでは、登場する日本人や日系アメリカ人たちが、ボウリングしたり、ラーメンを作ったり、さらには刺青を入れたりといった異なったシチュエーションで楽曲を口ずさんでいる。


今回のビデオについてクリスは次のように話している。「この依頼を受けたのが、ちょうどドナルド・トランプが大統領に選出された翌週のことで、アメリカに居住する外国人たちの今後の状況についてのニュースがたくさん流れていた時期だった。それと、最初に手がけたアメリカン・フットボールのビデオ『Never Meant』の出演者が白人だらけだったこともあって、今度作るものは日本人と日系アメリカ人にフォーカスしたものにしようって思ったんだ。バンドの地元である米イリノイ州に住みながら故郷を恋しく思う日本人のキャラクターを軸としながら、日本での撮影にはバンドに近しい人物が出演に協力してくれた。撮影は今年の3月に東京、松本、名古屋などさまざまなところで実施したんだ」。


そして、いよいよ待ちに待ったジャパンツアーが来月6月に開催される。
東京は恵比寿Liquidroomと赤坂Blitzの2公演、大阪ではAkasoにて1公演が行なわれる。15年に突如実施された東京でのライヴは即完売後、追加公演も行なわれるほどの大盛況ぶり! 17年ぶりの最新作も国内外の媒体にて軒並み高評価を得るなど完璧なカミングバック劇を見せる彼らの最新パフォーマンス、見逃せない!!


チケット情報など詳細については、公演の公式サイトをチェックしよう!
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170606.html

Hostess Club Presents American Football

日時 / 会場:
2017/6/6(火)東京・恵比寿Liquidroom
2017/6/7(水)東京・赤坂Blitz
2017/6/9(金)大阪・梅田Akaso
Ticket:
¥6,300(税込・1ドリンク別途)
¥6,800(税込・赤坂Blitz公演指定席のみ・1ドリンク別途)

OPEN 18:00 / START 19:00


チケット一般発売中!
<お問い合わせ>
東京公演:クリエイティブマン 03-3499-6669
大阪公演:キョードーインフォメーション 0570-200-888

公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170606.html


主催:Hostess Entertainment / Creativeman
制作・招聘:Creativeman
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

Release Infoリリース情報

American Football - American Football
American Football
byAmerican Football

HSE-3756
2016.10.21 on sale / 2,490円+税
※日本盤はボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(天井潤之介)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

オーウェンことマイク・キンセラ率いるエモ界のレジェンド、アメリカン・フットボール。98年にEP、99年にアルバムを1枚ずつリリースし、解散。しかし、それだけでエモ・シーンに決定的な足跡を残し、今なおフォロワーが絶えない伝説的バンドだ。14年、奇跡のリユニオンを果たした。そして15年6月、満を持して来日。6月29日の東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST公演のソールドアウトを受けて、翌30日に追加公演を実施するほどの大反響だった。2016年10月、17年ぶりとなる新作『アメリカン・フットボール』を発表。17年6月、 Hostess Clubでジャパン・ツアーを行った。現在のライナップは、マイク・キンセラ(vocals, guitar)、スティーヴ・ラモス(drums, trumpet)、スティーヴ・ホームズ(guitar)、ネイト・キンセラ(bass)。