Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.05.01フアナ・モリーナ、3年半振りの新作が日本先行発売!サマーソニック出演&京都公演も決定!

フアナ・モリーナ、3年半振りの新作が日本先行発売!サマーソニック出演&京都公演も決定!

フアナ・モリーナ、3年半振りのニュー・アルバムが日本先行発売!サマーソニック出演&京都公演も決定!「Lentísimo halo」のMVが公開に!

先週金曜日に、約3年半ぶりとなるニュー・アルバム『ヘイロー』を海外に先駆け日本で発売したフアナ・モリーナが、この夏サマーソニックに出演することが決定した! 当日はEGO-WRAPPIN'の中納良恵を迎えたスペシャル・セットとなっており、8月19日(土)に東京GARDEN STAGEに出演する。また翌日には、京都METROにて単独公演を行なうこともあわせて決定!! こちらの公演は明日5月2日(火)より早割チケット(¥3,500)の受付スタートとなっている。


好評発売中のニュー・アルバム『ヘイロー』は、フアナらしいエクスペリメンタルな方向性と独特の歌声は健在ながらも、さらなる高みを目指した12曲を収録。催眠作用のあるリズム、魔術、虫の知らせや夢といった隠喩を用いたミステリアスなリリック、感情やムードを体全体を使って表す様は、これまでに増してマジカルである。
そんな中、先日収録曲より「Lentísimo halo」のミュージック・ビデオが公開となった。


「Lentísimo halo」のミュージック・ビデオはこちら:


これは決して新たに発見されたマン・レイやハンス・リヒターが作る、1920年代のモノクロのエクスペリメンタルな超現実主義的映画ではない。アルゼンチン人映画監督マリアーノ・ラミスが制作した、フアナ・モリーナの新曲のミュージック・ビデオなのだ。
フアナと二人でアイディアを出し合って完成したこのビデオは、同楽曲を書く際にフアナの脳裏に浮かんできたという"ひし形をしたヘイロー"に関する伝説がインスピレーションの元となっている。
「ヘイローっていうのは、灯りから発されるぼんやりした光や、聖人の頭の後ろに浮かんでいる後光のこと。それは聖なる光ではなくて、夜に野原を漂う緑色の邪悪な光なの。人を追いかけてくることもあって、200年ぐらい前の田舎に住む人々は恐れていたらしい。現代になって、それは腐った骨から発せられる蛍光性の光だと判ったそうなの」とフアナは話す。


他にも、収録曲「Cosoco」やアルバムのティーザー音源も公開となっているので、あわせてチェックしよう!


アルバムのティーザー音源試聴はこちら:


「Cosoco」の試聴はこちら:

来日公演情報

サマーソニック2017 2017年8月19日(土)、20日(日)
※フアナ・モリーナは8月19日(土)に東京GARDEN STAGEに出演します
東京会場: ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪会場: 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
サマーソニック公式サイト:http://www.summersonic.com/2017/



晴れ豆インターナショナル presents JUANA MOLINA Japan Tour 2017 京都公演 2017年8月20日(日)@京都 CLUB METRO
Open 19:00 / Start 19:30
チケット:5/13より一般発売開始
早割¥3,500 ドリンク代別途 [受付期間:5/2~5/12]
前売¥4,000 ドリンク代別途
当日¥4,500 ドリンク代別途

<限定早割>
★期間限定:早割¥3,500  ドリンク代別途 [受付期間:5/2~5/12]
※『特別先行早割お申し込み方法』
→ タイトルを「8/20 フアナ・モリーナ 早割希望」 として頂いて、お名前と枚数を明記して<ticket@metro.ne.jp>宛でメールして下さい。

<一般PG前売り>
●チケットぴあ(0570-02-9999 / Pコード:332-717)
●ローソンチケット(ローソンLoppi / Lコード:53857)
●e+(http://ur0.work/DfpZ
にて5/13より発売開始

詳細:http://www.metro.ne.jp/single-post/170820
お問い合わせ:京都 CLUB METRO(075-752-4765)

Release Infoリリース情報

Juana Molina - Halo
Halo
byJuana Molina

HSE-6388
2017.04.28 on sale / 2,490円+税
※日本盤は先行発売、ボーナス・トラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(石田昌隆)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

音楽ジャンルの壁を凌駕する唯一無二の独創的才能を持つアルゼンチンのアーティスト。1996年デビュー。'00年に発表した2ndアルバム『セグンド』によって人気に火がつき、徐々に世界にその名が知られ始める。3rdアルバム『トレス・コーサス』は、U2、ビョーク、カニエ・ウエスト、アニマル・コレクティブ等のアルバムと並んで、New York Timesの"The Best Pop Album of 2004"に選出される。'04年には元トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンと全米をツアー。来日も多く、レイ・ハラカミ、勝井佑二(ROVO)、高橋幸宏、原田郁子(クラムボン)、相対性理論等日本のアーティストとの共演多数。中納良恵(EGO-WRAPPIN')からフィリップ・セルウェイ(ds.レディオヘッド)まで、様々なアーティストからフェイヴァリットに挙げられている。2013年11月、約5年ぶりに6作目となる『ウェッド21』をリリース。その後もほぼ毎年来日し公演を行なっている。2017年4月、約3年半ぶりとなるニュー・アルバム『ヘイロー』を発売。8月にはサマーソニックへの出演が決定。