Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.03.21ザ・シャーラタンズ、豪華ゲストが参加した13作目となるニュー・アルバムが5月に発売決定

ザ・シャーラタンズ、豪華ゲストが参加した13作目となるニュー・アルバムが5月に発売決定

参加ゲストはポール・ウェラー、ジョニー・マー、推理作家のイアン・ランキンから女優シャロン・ホーガンまで! ザ・シャーラタンズ、13作目がここに完成!


1988年にイギリスはウエスト・ミッドランズにて結成され、これまでに8作が全英1位を含むトップ10入りを果たしている大物ロック・バンド、ザ・シャーラタンズ。
そんな彼らが、全英7位を記録した前作『モダン・ネイチャー』から2年4ヶ月、セルフ・プロデュースおよび豪華ゲストが多数参加したニュー・アルバム『ディファレント・デイズ』を届けてくれることがわかった。


当初は、2013年8月に脳腫瘍のため死去したドラマー、ジョン・ブルックスの代役を探す必要性からいろんな友人に声をかけたことから始まった。必然的に最初に声をかけたのは、ブルックスが病に倒れた際に臨時の代役をかってでてくれたザ・ヴァーヴのピーター・サリスベリーである。その後、ブライアン・ジョーンズタウン・マサカーのフロントマンのアントン・ニューコムにデモ段階の「Not Forgotten」を送り、ものの15分ほどでフィードバックをもらったバンドは、1時間だけの予定でスタジオに立ち寄ったジョニー・マーに計5時間滞在してもらい、リード・シングル「Plastic Machinery」を含む全3曲に参加してもらった。同様に、ニュー・オーダーのドラマー、スティーヴン・モリスは7曲でドラムとプログラミングを務めた。さらに、推理作家のイアン・ランキンとカート・ワグナーにおいては、語りで参加し、ティム(・バージェス)の長年の友人である女優のシャロン・ホーガンはタイトル・トラック「Different Days」でバック・ヴォーカルを担当。そして、アルバムのフィナーレを飾る「Spinning Out」には、ポール・ウェラーも名を連ねている。


と、なんとも豪華な名前がずらりと並んだニュー・アルバム『ディファレント・デイズ』は、海外にて5月26日(金)の発売予定となっている。まだ楽曲は公開となっていないながらもすでにその内容が気になってしょうがない。続報に乞うご期待!

Release Infoリリース情報

The Charlatans - Different Days
Different Days
byThe Charlatans

海外発売日:2017年5月26日(金)
レーベル:BMG / Hostess
※日本盤詳細は追ってご案内

■トラックリスト
01. Hey Sunrise
02. Solutions
03. Different Days
04. Future Tense
05. Plastic Machinery
06. The Forgotten One
07. Not Forgotten
08. There Will Be Chances
09. Over Again
10. The Same House
11. Let's Go Together
12. The Setting Sun
13. Spinning Out

※iTunesにてアルバム『Different Days』予約受付中!(高音質Mastered For iTunes仕様)
https://itunes.apple.com/jp/album/different-days/id1218136631?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Short Biographyショート・バイオ

1988年にイギリスはウエスト・ミッドランズにて結成されたロックバンド。 1990年、プロデューサーにクリス・ナグル(ジョイ・ディビジョン、ニュー・オーダー他)を迎えファースト・アルバム『サム・フレンドリー』をリリースし、早速全英チャートの1位を獲得。その後『ビトゥイーン10th アンド 11th』(1992年 / 全英21位)、『アップ・トゥー・アワ・ヒップス』(1994年 / 全英8位)を経て、1995年リリースの4枚目のアルバム『ザ・シャーラタンズ』で再び全英チャートの1位を獲得する。その後もコンスタントにリリースを重ね、これまでに12枚のアルバムを発表している。2016年3月にはジャパン・ツアーも行なった。あれから1年あまり、2017年6月に13作目となるニュー・アルバム『ディファレント・デイズ』をリリースする。現在のライナップは、マーティン・ブラント(ベース)、ティム・バージェス(ヴォーカル)、マーク・コリンズ(ギター)、トニー・ロジャース(キーボード)。