Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.03.10USインディー・シーン期待の新人、ヒッポー・キャンパスが遂にアルバム・デビュー

USインディー・シーン期待の新人、ヒッポー・キャンパスが遂にアルバム・デビュー

USインディー・シーン期待の新人、ヒッポー・キャンパスが遂にアルバム・デビュー!日本盤は5月3日発売決定!米人気TV番組でパフォーマンスを披露!

米ミネソタから高校の元同級生で結成された期待のインディー・ポップバンド、ヒッポー・キャンパスが遂にアルバム・デビュー!2014年にデビューEP『バッシュフル・クリーチャーズEP』を発表するや否や、一躍世界中のインディー・キッズの注目の的になった。ポップなメロディーと皮肉の利いた歌詞が話題となり、翌年にはSXSW、Lollapalooza 、The Great Escape、Reading & Leedsなどの数々の大型フェスティバルに出演。リアル・エステイト、モデスト・マウス、ウォーク・ザ・ムーンなどのツアーにも参加し、めきめきと頭角を現していった。


デビュー・アルバム『ランドマーク』のプロデュースを務めたのは、BJ・バートン(ボン・イヴェール、フランシス・アンド・ザ・ライツ)。本作では、愛と喪失、家族と友情、希望と自己不信など、世の中の誰もが抱える普遍概念を歌っている。メロディックなギター・ポップからピアノでしっとりと歌い上げる楽曲まで収録されており文句無しのデビュー・アルバムが完成!日本盤も5月3日に発売が決定!現在、日本のタワーレコードにてヒッポー・キャンパスがタワレコメンとして選出され、早耳リスナーを中心に人気に火がついている。


ヒッポー・キャンパスの母国であるアメリカでは、既に人気が爆発中。北米ツアーの合間に人気TV番組<CONAN>に出演し、アルバム収録曲「Way it goes」を披露。パフォーマンス映像が公開になっているのでチェックしよう!


収録曲「Way it goes」のパフォーマンス映像はこちら:


収録曲「Way it goes」のMVはこちら:


メインシングル「boyish」のMVはこちら:


本日から開催されるSXSWへの出演が決定し、秋にはヨーロッパツアーの日程も発表されている。ヒッポー・キャンパスの初来日公演の実現にも期待したい!

Release Infoリリース情報

Hippo Campus - landmark
landmark
byHippo Campus

HSE-4010
2017.05.03 on sale / 2,100円+税
※日本盤オリジナル・アートワーク、ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ 付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

米ミネソタに住む高校の同級生同士で2013年に結成された4人組インディー・ポップ・バンド。2014年、デビューEP『バッシュフル・クリーチャーズEP』をリリースするや否や様々なメディアで取り上げられ2015年の夏フェスでひっぱりだこに。アメリカを代表する音楽番組"Conan"にも出演を果たし大きな話題を呼ぶ。同年7月にはプロデューサーには Low のフロントマン・アラン・スパーホークを迎えた『バッシュフル・クリーチャーズEP』を、10月には『サウス EP』をそれぞれバイナルでレーベル<Transgressive>からリリース。後に両作品をコンパイルしたCD『ザ・ハロクラインEPs』をリリース。2017年2月、デビュー・アルバムとなる『ランドマーク』を海外でリリース。