Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.02.10フジロックフェスティバル'17にビョーク、アウスゲイル、テンプルズ、エデンの出演が決定!

フジロックフェスティバル'17にビョーク、アウスゲイル、テンプルズ、エデンの出演が決定!

7月末に開催されるフジロックフェスティバル'17の第一弾出演アーティストが発表、ビョーク、アウスゲイル、テンプルズ、エデンの出演が決定!

今年も7月28日(金)〜30日(日)にかけて開催が決定しているフジロックフェスティバル'17、遂に第一弾出演アーティストが発表に!Hostessファミリーからはビョーク、アウスゲイル、テンプルズの出演が決定しました!


8枚のスタジオアルバムをリリースし過去12回グラミー賞にノミネートされているアイスランドが生んだ歌姫、ビョークが遂にフジロックへ帰還します!15年発売の最新作『ヴァルニキュラ』リリース後、16年6月に『Bjork Digital -- 音楽のVR・18日間の実験オープニングパーティー』(VR体験展示プロジェクト)で来日。新進気鋭のトラックメーカー、アルカやその相棒であり今最も注目されるヴィジュアル・アーティスト、ジェシー・カンダとのコラボレーションなど常に新しいものにも視野を広げ、音楽という枠にとらわれず独自の表現を追求し続ける彼女。果たして今年はどのようなステージを見せてくれるのか今からドキドキが止まりません。


昨年行われたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER以来の来日となるアウスゲイル、テンプルズは両者ともに新作を春にリリースした直後の絶好のタイミングでフジロックに登場。
14年のフジロックではお互いにフジロック初参加にも関わらずテンプルズはレッドマーキー、アウスゲイルはホワイトステージを満員のお客さんで埋め尽くしただけに今年はどのステージを盛り上げてくれるのか要注目です!
そして若手最注目株であるアイルランドはダブリンを中心に活動する21歳のプロデューサー兼シンガーソングライター、エデンが初来日の舞台を踏みます。同じく出演が発表されたロードも絶賛するその才能を是非目撃しにきてください!


まだまだ発表が続いていくフジロック。今年もHostessファミリーが続々と登場予定ですので是非ご注目ください!


フジロックフェスティバル'17、オフィシャルサイト
http://www.fujirockfestival.com/

フジロックフェスティバル '17 公演情報

2017年7月28日(金)〜 30日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
Info:フジロックフェスティバル公式サイト http://www.fujirockfestival.com/

Short Biographyショート・バイオ

Björk:
アイスランド生まれレイキャビーク出身。これまでに8枚のスタジオアルバムをリリースし過去12回グラミー賞にノミネートされているアイスランド屈指のアーティスト。93年7月にファーストアルバム『デビュー』をリリースし、95年6月にリリースしたセカンドアルバム『ポスト』ではその音楽性の高さにも注目が集まったが、セールス的にも前作を上回る300万枚という数字を記録する結果を生み出した。97年9月にリリースしたサードアルバム『ホモジェニック』ではグラミー賞最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス部門にノミネートされ、唯一無二な独自の世界観で不動の地位を築く。15年3月に最新作『ヴァルニキュラ』をリリースし、16年6月に『Bjork Digital --音楽のVR・18日間の実験オープニングパーティー』(VR体験展示プロジェクト)で来日。フジロックフェスティバルでは98年、03年、13年と来日し、常に新しい物を出し続け話題を呼び続けている最重要アーティストビョークがフジロックフェスティバル'17で再来日を果たす。

Ásgeir:
アイスランド出身のシンガー・ソングライター。12年に母国でリリースした『Dyro i dauoapogn』が、アイスランド史上最速で売れたデビュー・アルバムとなった他、アイスランドのグラミー賞、アイスランド音楽賞主要2部門(「最優秀アルバム賞」、「新人賞」)を含む全4部門受賞。14年1月、デビュー盤の英語ヴァージョン『イン・ザ・サイレンス』を発表。2月にはHostess Club Weekender出演、さらに7月にはフジロック出演のため再来日し、観客を優美な歌声で魅了した。11月には『イン・ザ・サイレンス』のデラックス盤をリリース、翌15年1月には、初のジャパン・ツアーを決行。新作の発表が期待される中、16年8月にはHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで4度目の来日。さらに、10月には日本独自企画7インチ・シングル「Where Is My Mind?」をリリース。17年4月、待望のセカンド・アルバム『アフターグロウ』をリリース、7月にはフジロック出演も決定している。

Temples:
UKミッドランズ出身の4人組サイケデリック・ロックバンド。12年に発表した「シェルター・ソング」が反響を呼び、NMEの"ベスト・ニュー・バンド・オブ・2013"リストに選出。ノエル・ギャラガーやジョニー・マーが彼らのライヴを絶賛し、ザ・ローリング・ストーンズのハイドパークでの公演のオープニング・アクトにも抜擢される。13年11月には日本独自盤EP『シェルター・ソング e.p.』をリリースし、直後にはHostess Club Weekenderにて初来日を果たし満員の観客を熱狂させるなど、アルバム・デビュー前からここ日本でも期待の新人として注目される。14年2月デビュー・アルバム『サン・ストラクチャーズ』をリリース。リリース日にタワレコ全店チャート1位(Pop/ Rock)を獲得、さらに5月に行なわれた東京での単独公演のチケットは即完売となる。7月のフジロック '14で再来日を果たすと、そのサイケ・サウンドを体感しようと押しかけたロック・ファンでレッドマーキーは超満員となった。そして11月には『サン・ストラクチャーズ』のデラックス盤もリリースされ、翌年2月のHostess Club Weekenderへ出演。16年8月、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで再来日。17年3月、セカンド・アルバム『ヴォルケーノ』をリリース、7月にはフジロックで再来日が決定している。

【メンバー】
ジェームス・バッグショー(Vocal / Guitar)、トーマス・エジソン・ワームスレイ(Bass / Backing Vocals)、サム・トムズ(Drums)、アダム・スミス(Keyboard)

EDEN:
「今まで俺が聴いた事の無いサウンドである限り、俺の自由だ」と語るアイルランド、ダブリンを中心に活動する21歳のプロデューサー兼シンガーソングライター、エデン(本名ジョナサン・ウン)。 彼は16年8月にリリースされた最新のEP『I Think You Think Too Much』を通してエレクトロポップとヘビーギターをミクスチャーした斬新なサウンドで世にオリジナリティ溢れるアーティストとして名を広めた。『 I Think You Think Too Much of Me 』には「sex」、「drugs」、「and」、「rock + roll」という曲名で四曲シリーズが収録されており、EDENは彼なりの「sex, drugs and rock & roll」を表現したと言う。内、リードシングル「sex」はたった数週間の期間で250万の視聴数を記録した。「私は特に「sex」が好きだわ、聴いていると頭の中でで何かシンプルで激しい事が起こっている」とロードはSNS上で絶賛した。2015年にリリースしたデビューEP『End Credits』はノープロモーションにも関わらず、9500万のストリーム件数を突破しその後の初のアメリカツアーもソールドアウトで飾った。「同じサウンドを二度も作らない」と言うEDENは常に進化を遂げ、7月にはフジロックでの来日公演が決まっている。