Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.02.01フランシス・マクドナルド&ハリー・パイのアルバムが日本先行でリリース決定

フランシス・マクドナルド&ハリー・パイのアルバムが日本先行でリリース決定

ティーンエイジ・ファンクラブの創設メンバーにして現ドラマー、フランシス・マクドナルドの新バンドがアルバムを日本先行でリリースすることが決定!

グラスゴー音楽シーンの良心、ティーンエイジ・ファンクラブの創設メンバーにして現ドラマーのフランシス・マクドナルドが芸術家のハリー・パイとタッグを組んだ新バンドのアルバムが日本先行でリリースします。更にアルバムからの先行シングル「Isle Of Capri」の試聴音源も公開しました。


シングル「Isle Of Capri」の試聴音源はこちら


ハリーとフランシスがコラボレーションを始めたのは、ハリーがフランシスに、とあるファンジンのためにお気に入りのエルヴィス・プレスリーの曲についての記事を執筆するよう依頼したことがきっかけとなりました。その後ハリーは、自身がニール・イネスと共に2014年のブラジル・W杯に向けてレコーディングしていた、マイク・ネスミスの「Rio」のカバーでパーカッションを演奏しないかとフランシスに持ちかけコラボレーションが始まりました。2014年にはシングル「Sympathy for Jean Luc-Godard」を発表。その時点ではアルバムを制作することになるとは考えていなかったが二人のコラボレーションはそのまま続き、本作『ボンジュール』をスコットランド、グラスゴーにあるフランシスのホームスタジオでレコーディングし、プロデュースはフランシスとハリーが務めました。


アルバムにはティーンエイジ・ファンクラブを彷彿とさせるエヴァーグリーンなギター・ポップ・サウンドと3曲のポエトリー・リーディング・スタイルの楽曲が収録されています。 本作は未だ海外でのリリースが決まっておらず、ティーンエイジ・ファンクラブの来日ツアーに合わせて日本先行発売でのリリースが決定しています。


「Sympathy for Jean-Luc Godard by Francis Macdonald and Harry Pye」のミュージック・ビデオはこちら:


ティーンエイジ・ファンクラブのメンバーとして今年3月に来日が予定されているフランシスですがハリー・パイとのプロジェクトでもこれから忙しく活躍しそうです。



ティーンエイジ・ファンクラブ・ツアー情報

Hostess Club & Creativeman Presents Teenage Fanclub 2017/3/3(金)横浜 BAY HALL
2017/3/4(土)東京 EX THEATER ROPPONGI
2017/3/5(日)大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/20170303.html

Release Infoリリース情報

Francis Macdonald & Harry Pye - Bonjour
Bonjour
byFrancis Macdonald & Harry Pye

HSE-6382
2017.03.01 on sale / 2,400円+税
※日本先行発売、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

フランシス・マクドナルド:
スコットランドはグラスゴー出身。グラスゴー・ミュージック・シーンのベテラン・バンド、ティーンエイジ・ファンクラブの創設メンバーとしてドラマーを担当。1990年にデビュー・アルバムをリリースし当時のオルタナ・ムーブメントと同時に世界で大ブレイクを果たした後、バンドを脱退。2004年から再びティーンエイジ・ファンクラブに加入し現在までバンドのドラマーを務める。09年のサマーソニックでの来日を果たし、往年のファンだけでなく、新たな若い層のオーディエンスをも魅了。前作『シャドウズ』以来6年ぶり通算10作目となる待望のニュー・アルバム『ヒア』を2016年9月にリリース。2017年3月には3公演を周る日本ツアーを行う事が決定。フランシスはスコティッシュ・ギター・ポップ・バンド、BMX Banditsのメンバーとして活躍もしていた。

ハリー・パイ:
1973年、ロンドン生まれ。11歳で8ミリ・フィルムでの撮影を開始、さらに自身の雑誌を出版した。ウィンチェスター芸術学校に在籍中に著名な彫刻家ブルース・マクレーンと共作で彫刻を制作した。30歳になると絵画を描くようなり、多くの個展での成功やアーティスト達とのコラボレーションで活躍をする。ロンドンの有名美術館、テート・モダンやテート・ブリテンで作品を展示するなど近年も活躍が目覚ましい。