Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.01.20ライアン・アダムス、来月リリースのニュー・アルバムから新曲「Doomsday」を公開

ライアン・アダムス、来月リリースのニュー・アルバムから新曲「Doomsday」を公開

初単独来日公演が記憶に新しい現代米シンガー・ソングライターの最高峰の1人ライアン・アダムスが、来月リリースのニュー・アルバムから新曲公開!

エルトン・ジョンをはじめ多くのアーティストからの賞賛を集め、00年代〜10年代を代表するシンガー・ソングライターの筆頭としてキャリア積み上げてきたライアン・アダムスが、ドナルド・トランプ米大統領就任式前日となる本日、2月17日(金)に世界同時リリースとなる新作『プリズナー』から、新たな新曲「Doomsday」を公開した! 以前インタビューで同楽曲について次のように語っていたライアン。「自ら書かれたも同然。その時自分の中で起こっていた何か、それがあまりにも強力だったから、ただ座っているだけで楽曲が出来上がっていったんだ」。すでに公開されている2曲が軒並み高評価を獲得していることから、今回も反応が楽しみなところ。


新曲「Doomsday」の試聴はこちら:


ファースト・シングル「Do You Still Love Me?」においてはローリング・ストーン誌が「フォリナーのルー・グラムを彷彿とさせるヴォーカル力」と絶賛したかと思えば、続いて公開された切ないバラード「To Be Without You」はUSAトゥデイ紙が"Song Of The Week"に選出している。


新曲「To Be Without You」の試聴はこちら:


新曲「Do You Still Love Me?」の試聴はこちら:


そんなライアンは3月からプリズナー・ツアーの第一弾をスタートする。昨年末開催された初の単独日本公演が素晴らしかっただけに、新作を引っさげての再来日公演に期待するのは贅沢だろうか。。。
なお、同時発売となる日本盤にはボーナス特典としてオリジナル・ポスターがついてくることが決定しているので、ファンなら是非こちらをゲットして欲しい!

Release Infoリリース情報

Ryan Adams - Prisoner
Prisoner
byRyan Adams

HSE-6358
2017.02.17 on sale / 2,490円+税
※オリジナル・ポスター、歌詞対訳、ライナーノーツ(赤尾美香)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1974年11月5日、ノース・カロライナ州ジャクソンヴィル生まれ。高校在学中にバンド活動を始め、94年に結成したウィスキータウンは、オルタナ・カントリー・ブームの一端を担った。バンド解散後ソロに転向、デビュー作『ハートブレイカー』(00年)を発表するや、エルトン・ジョンをはじめ多くの先輩。同輩が賛辞を寄せた。翌年『ゴールド』を発表。9.11同時多発テロの1週間前に撮影されたシングル「New York, New York」のMVに映る在りし日のツイン・タワーに人々は思いを巡らせ、同曲はスマッシュ・ヒット、グラミー賞にもノミネートされた。その後、ほぼ毎年新作をリリースし、時には1年に3枚を出すこともあった彼は、多作家としても知られるように。しかも、パンク、ロックンロール、カントリー、フォーク、ジャムにヘヴィ・メタルまでを愛好する彼の作風は、時々にその趣を変えた。09年からしばらくメニエール病に悩まされ、ライヴ活動から遠ざかっていたが、14年に復帰。15年7月にはフジロック出演、10月にはテイラー・スウィフトの『1989』の丸々カヴァーに挑戦。そしてこの度17年2月、待望のニュー・アルバム『プリズナー』がリリースされる。直前となる12月には、初の単独来日公演が東京で実施。