Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.10.18オッカーヴィル・リヴァー、最新作から「Call Yourself Renee」のMVを公開

オッカーヴィル・リヴァー、最新作から「Call Yourself Renee」のMVを公開

UNCUT 9/10獲得!実力派ミュージシャンが多数参加したオッカーヴィル・リヴァーの最新作『アウェイ』から「Call Yourself Renee」のMVが公開!

文学性の高いストーリーテリングとアレンジ力で、国内外の音楽批評家から高い評価を獲得しているオッカーヴィル・リヴァーの最新作『アウェイ』。新たに「Call Yourself Renee」のミュージックビデオが公開。


本作には、インディー・クラシックを代表する室内楽団、yMusicのキーボーディストのジャレッド・サミュエル(Yoko Ono)とマルチインストゥルメンタリストのブライアン・ドノホー(Snarky Puppy)、作曲家のネイサン・サッチャー(Nico Muhly, Kronos Quartet)、女性フォークSSWのマリッサ・ナドラーなど、ジャズやアヴァンギャルドなバックグランドを持った実力派ミュージシャンが多数参加している。


本ミュージックビデオはUSツアー中に撮影され、オッカーヴィル・リヴァーのライブ会場にいた架空の2名のキャラクターを追ったもの。監督は映像について次のように語っている。
「曲の歌詞通りに表現しすぎないように、個々の内面を映し出したかったんだ。何がこの2人のキャラクターを結び付けていて、彼らがどのような過去や未来を共に手にするか、映像を見ている人がそれぞれ結論を描くことができるようにね。」


「Call Yourself Renee」のミュージックビデオはこちら:


既に公開されている最新作からのミュージックビデオもあわせてチェック。


「The industry」のミュージックビデオはこちら:


「Okkervil River R.I.P.」のミュージックビデオはこちら:


オッカーヴィル・リヴァーは、北米ツアーをまもなく終え10月30日からヨーロッパUKツアーをスタートさせる。日本でもキャリア最高傑作の呼び声も高い新作を引っ提げての、来日公演の実現を期待したい。

Release Infoリリース情報

Okkervil River - Away
Away
byOkkervil River

HSE-3612
2016.09.28 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラック1曲ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)、歌詞対訳(中村理菜)、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

98年、テキサス州オースティンにて、シンガー兼ソングライターのウィル・シェフを中心に結成。デビューから幾度のメンバー・チェンジを行いながら、2005年に発表した3作目『ブラック・シープ・ボーイ』が数々の年間ベストに選出されアメリカでブレイク。2010年には伝説的バンド13thフロア・エレベーターズの中心人物であるロッキー・エリクソンとの共作『トゥルー・ラヴ・キャスト・アウト・オール・イーヴィル』をリリース。またノラ・ジョーンズへの楽曲提供やルー・リードのサポートを務めるなどアーティストからも熱狂的な支持を受け、いまやシーンを代表するバンドとして確固たる存在感を確立している。13年11月開催の第6回Hostess Club Weekenderで初来日を果たした。16年9月、3年ぶりの新作『アウェイ』をリリース。