Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.09.27テンプルズ、来年頭にニュー・アルバム発売が決定、新曲「Certainty」が公開に

テンプルズ、来年頭にニュー・アルバム発売が決定、新曲「Certainty」が公開に

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERへの出演が記憶に新しいテンプルズが、新曲「Certainty」を公開!ニュー・アルバムも2017年頭にリリース予定!

先月開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにて1年半振り、5度目となる来日を果たした、UKの4人組バンド、テンプルズ。当時、絶賛ニュー・アルバムの制作中とのことだった彼らだが、ここへきてセカンド・アルバムのリリースが2017年頭になることが発表された! さらに、同作からのファースト・シングル「Certainty」が公開された。


新曲「Certainty」の試聴はこちらから:


前述のHCANにて一足先に日本のファンにお披露目されていた「Certainty」、プロデュースを手がけたフロントマンのジェームスは次のコメントをしている。
「この曲のメロディを作っているとき、初期のディズニーのような不気味なヴァイブ、遊び心があってハーモニーを取り入れた、それでいてダークなひねりがあるようなものを心がけたんだ。そうするにあたって、レイヤリングと同じく、まばらであることも大事だった。ヴァースはベースが作り出す激しい振動、そしてそれを反映したリリック、それからメロディも相応しいアンビアンスと組み合わさっている必要があったんだ。サビはその反対のアプローチで次から次へとレイヤーを重ね、音を分厚くした。MOOGのベースシンセと通常のベースの音がブレンドされていて、1曲を通してサウンドが切り替わっているのがわかると思う。あと、ギターはシンセを、シンセはギターを反映しているんだ。」


UKチャート・トップ10入り、2014年度ラフトレード・ショップの年間最優秀アルバムTOP100において、堂々の1位に輝き、ここ日本でもリリース日にタワレコ全店チャート1位(Pop / Rock)を獲得したテンプルズのデビュー・アルバム『サン・ストラクチャーズ』。それに続くセカンド・アルバムは2017年頭にリリースされることが予定されている。さらなる続報に期待しながら、まずはシングル「Certainty」を堪能しよう!


Release Infoリリース情報

Temples - Certainty
Certainty
byTemples

レーベル:Heavenly Recordings / Hostess
発売日:発売中!
価格:200円
※配信のみのリリースとなります

<トラックリスト>
1. Certainty

※最新シングル「Certainty」iTunes配信スタート!
https://itunes.apple.com/jp/album/certainty-single/id1156372640?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Short Biographyショート・バイオ

UKミッドランズ出身の4人組サイケデリック・ロックバンド。12年に発表した「シェルター・ソング」が反響を呼び、NMEの"ベスト・ニュー・バンド・オブ・2013"リストに選出。ノエル・ギャラガーやジョニー・マーが彼らのライヴを絶賛し、ザ・ローリング・ストーンズのハイドパークでの公演のオープニング・アクトにも抜擢される。13年11月には日本独自盤EP『シェルター・ソング e.p.』をリリースし、直後にはHostess Club Weekenderにて初来日を果たし満員の観客を熱狂させるなど、アルバム・デビュー前からここ日本でも期待の新人として注目される。14年2月デビュー・アルバム『サン・ストラクチャーズ』をリリース。リリース日にタワレコ全店チャート1位(Pop/ Rock)を獲得、さらに5月に行なわれた東京での単独公演のチケットは即完売となる。7月のフジロック '14で再来日を果たすと、そのサイケ・サウンドを体感しようと押しかけたロック・ファンでレッドマーキーは超満員となった。そして11月には『サン・ストラクチャーズ』のデラックス盤もリリースされ、翌年2月のHostess Club Weekenderへ出演。16年8月、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで再来日。17年3月、セカンド・アルバム『ヴォルケーノ』をリリース。7月にはフジロックで、11月にはジャパン・ツアーでの再来日が決定している。

【メンバー】
ジェームス・バッグショー(Vocal / Guitar)、トーマス・エジソン・ワームスレイ(Bass / Backing Vocals)、サム・トムズ(Drums)、アダム・スミス(Keyboard)