Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.08.17ベック、新曲「WOW」のM.I.Sリミックス「GUAU!」を公開

ベック、新曲「WOW」のM.I.Sリミックス「GUAU!」を公開

フジロックでのライヴが"ベスト・アクト"と呼び名の高いベック、新曲「WOW」のM.I.Sリミックス、その名も「GUAU!」を公開!

2014年に第57回グラミー賞において年間最優秀アルバム賞を受賞したアルバム『モーニング・ フェイズ』に続くニュー・アルバムをリリースすることを発表したベック。今年6月には配信限定で新曲「WOW」を急遽リリース。ヒップホップを織り交ぜた蛍光変異体とでもいうのか、ベックの最新音楽テイストが感じ取れるサウンドに仕上がっている同楽曲。その直後の7月には7年ぶりの来日をフジロック・フェスティバルにて果たし、そのパフォーマンスは好評を博し、"今年のベスト・アクト"とまで報じられた。


「WOW」の日本語字幕入りミュージック・ビデオはこちら


さらにニュー・アルバムの発売も決定。最新シングル「WOW」はもちろん、昨年テイラー・スウィフトとの共演でも話題となった超ポップな「Dreams」などが収録されることが予想される。


まだまだベールに包まれたままの新作だが、米『ローリング・ストーン』誌のインタビューで語ったところによると「ここ数年のライヴ・パフォーマンスで感じたお祭り気分のような喜びに満ちたエネルギー、そして昨年一緒にツアーを回ったザ・ストロークスのようなバンドのエネルギーを吸収した」という。プロデューサーに2002年の『シー・チェンジ』のツアーに参加し、最近ではアデルの「Hello」の共作者として知られるグレッグ・カースティンを迎えて制作された今作。完成させるまでにはなんとアルバム3枚分の楽曲を制作したという。「グラミーの後、そのうちの半分はボツにすることにして、もう一度始めたんだ。アルバムのアイデンティティを見つけ出すのにしばらくかかったんだよね」とベック。


収録曲の中には恋に落ちることを歌ったアップビート「Seventh Heaven」、そしてトーキング・ヘッズ的なダンス・ナンバー「No Distractions」が含まれる。また、同誌によると今作は『モーニング・フェイズ』と打って変わって、ヒップホップのループやポップなメロディを用いたベックの初期作品に近いサウンドが予想される。


そしてそんなベックはヤキモキするファンを気持ちを察してか、今週急遽「WOW」のリミックス音源、その名も「WOW (GUAU! Mexican Institute of Sound Remix)」を公開!
メキシコでも人気を博しているカミーロ・ラーラによるソロ・プロジェクト、メキシカン・インスティテュート・オヴ・サウンド(M.I.S)によるこの公式のリミックス音源は、ラ・バンダ・バストンのムエラス・デ・ガヨをフィーチャーしている。聴けば一気にそこはメキシコと言わんばかりのフィエスタ気分全開の仕上がりになっているので、必聴だ!


「WOW (GUAU! Mexican Institute of Sound Remix)」の試聴はこちら


「Wow (GUAU! Mexican Institute of Sound Remix)」iTunesにて配信中!
https://itunes.apple.com/jp/album/wow-guau!-mexican-institute/id1145204460?app=itunes&ls=1&at=11lwRX


Release Infoリリース情報

Beck - WOW
WOW
byBeck

レーベル:Hostess
発売日:発売中!
価格:250円
※配信のみのリリースとなります

<トラックリスト>
1. WOW


iTunesはこちら!(高音質Mastered For iTunes仕様)
https://itunes.apple.com/jp/album/wow-single/id1119071099?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

OTOTOYはこちら!(ハイレゾ(24bit/96kHz)&通常16bit音源)
http://ototoy.jp/_/default/p/63087

moraはこちら!(ハイレゾ(24bit/96kHz)&通常16bit音源)
http://mora.jp/package/43000040/602547957726/

レコチョクはこちら!
http://recochoku.jp/song/S1003273327/

Short Biographyショート・バイオ

1990年代から現在に至るまで第一線で活躍を続け、名実ともにアメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティストとして確固たる人気を誇る。1994年に発表した「ルーザー」が全米モダン・ロック・チャートで5週連続1位を獲得。1996年に発表した『オディレイ』でグラミー賞2部門を受賞。08年に発表した『モダン・ギルト』が全米4位/全英9位を獲得し、第51回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・アルバム」にノミネート。2014年、約6年ぶり通算12作目のスタジオ・アルバム『モーニング・フェイズ』を発表。同作は第57回グラミー賞に於いて、「最優秀アルバム賞」をはじめ計3部門を獲得した。2015年6月、突如新曲「Dreams」を発売。11月には日本独自盤12インチを発売。そして2016年7月のフジロックで約7年ぶりの来日を果たす。その直前となる6月には新曲「WOW」を発表し、2017年10月に待望のニュー・アルバム『カラーズ』を日本先行でリリース。その2週間後には8年ぶりとなる単独公演を行った。