Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.07.22ジョン・グラント、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにて近藤等則との共演が決定!

ジョン・グラント、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにて近藤等則との共演が決定!

2度目の来日を果たすジョン・グラント、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにて敬愛する日本人エレクトリックトランペッター、近藤等則との共演が決定!

今年4月にHostess Club Presents Sunday Specialにて初来日を果たすと、最新作にも参加したスージー・アンド・ザ・バンシーズのバッジーをドラムに迎えた豪華バンドでのステージとその魅惑のバリトン・ボイスで初来日の舞台を待ち望んでいたファンのみならずその場にいた全員を虜にしたジョン・グラント。イベント終了後にはその衝撃の初パフォーマンスから、その日のベストアクトとの呼び声も高かったことは記憶に新しいところです。


そしてジョンといえば日本語や日本の音楽について造詣が深いのも有名な話。
前回の来日直前に行ったインタビューの中で日本に来たら彼のオールタイム・フェイヴァリットの1枚だという近藤等則・IMAのアルバム『BRAIN WAR』(91年)のアナログ盤を探し出したいと発言するなど特に近藤等則の大ファンであることを公言していました。
その気持ちが通じたのか4月の来日公演のバックステージで初対面を果たし、なんとこの度HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERのステージにて共にジョンの最新作からのシングルである「Down Here」を披露することが決定!
日本を代表するエレクトリックトランペッターと魅惑のバリトン・ボイスの共演は今年の夏最もアツいトピックと言っても過言ではなさそう。


今回のコラボレーションにむけて両者からのコメントも到着!どのようなステージを繰り広げてくれるのか、今から期待が高まります!


僕の音楽人生におけるヒーローの一人である近藤等則さんと共演できることはとても光栄です。何十年にもわたり彼の音楽は僕の人生に幸せを運んできてくれました。

ジョン・グラント

今年4月10日、東京でのジョン・グラントのライブを初めて見に行った。
彼がKONDO・IMAのファンだったとの事で、嬉しくて会いたいと思ったからだった。彼の落ち着いた深みのあるバリトンボイスに魅了された。それから4ヶ月後、共演出来る事になるとは何というマジックだろう。どんな共演になるか、今から音のイメージが広がる。

近藤等則

ジョン・グラント「Down Here」ミュージック・ビデオはこちら:


さらに再来日を記念して4月に行われたHostess Club Presents Sunday Specialでの初来日公演のライブ映像が公開に!
ドラムのバッジーを筆頭としたバンドの冴えわたる演奏にジョンの美声が絡みあう最新作からのポップナンバーとなっていますので是非ご覧ください。


ジョン・グラント「Voodoo Doll at Hostess Club Presents Sunday Special」はこちら:


近藤等則 バイオグラフィー

エレクトリックトランペッター。

1948年愛媛県生まれ。1972年京大卒業と同時に上京し、フリージャズの道へ。1978年ニューヨークに渡り、世界のミュージシャン達との演奏・ツアーで欧米を駆け巡る。1984年東京を拠点に日本人バンドKONDO・IMAを結成し、東京発世界へ向けた音楽活動。TV・CF、TV・映画出演、雑誌連載、本出版等メデイアに露出。
1993年東京での活動をすべて打ち切り、一人アムステルダムに拠点を移す。地球の大自然の中で、自然との共振・共鳴を求めてエレクトリックトランペットを即興演奏する「地球を吹く」を始める。イスラエル・ネゲブ砂漠を皮切りにアンデス、ヒマラヤ、バリ島、アラスカ、久高島......と吹いて廻る。2007年から2011年まで日本列島の四季を吹く。2012年アムステルダムをたたみ日本に戻り、2013年映画「地球を吹くin Japan」を完成。
2016年、自身がひとつの到達点と位置づけるアルバム『夢宙-DreamSpace』をリリース。

近藤等則
Photo : Moto Uehara(2016/05/15 新宿ピットイン)

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 出演: Dinosaur Jr. / Animal Collective / Deerhunter / Temples / Asgeir / Savages / Matthew Herbert / John Grant
日程:2016/8/20(土)<サマーソニック2016 ミッドナイトソニック>
場所:幕張メッセ
OPEN 22:00 / START 23:15
オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/

チケット絶賛発売中!
通常価格¥8,500(税込 / 枚数限定)
詳細情報はこちら:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/ticket/

<注意事項>
※サマソニ東京の各入場券をお持ちの方はご入場可能です。
※HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER入場券のご利用有効期限は8月20日(土)午後22:00〜8月21日(日)午前5:00までとなります。
※出演アーティスト変更による払戻しは致しません。
※オールナイト公演のため20歳未満入場不可。
※写真付IDチェック有
※各ステージの入場制限を行う場合がございます。

Release Infoリリース情報

John Grant - Grey Tickles, Black Pressure
Grey Tickles, Black Pressure
byJohn Grant

HSE-3902
2016.04.06 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定盤のみボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット: mp3)、歌詞対訳、ライナーノーツ(赤尾美香)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

元ザ・サーズのヴォーカリスト。バンド解散後、ソロ活動を開始し2010年に1作目『クイーン・オブ・デンマーク』を<Bella Union>からリリース。英MOJO誌の年間ベスト・アルバムに選出される等話題となった。2013年の2作目『ペール・グリーン・ゴースツ』はラフ・トレード・ショップス2013年年間ベスト・アルバム1位獲得した。2014年には英詞を手がけたアウスゲイルのデビュー・アルバム『イン・ザ・サイレンス』が世界で大ヒットを記録し、ブリット・アワードにおいて「最優秀インターナショナル男性ソロ・ アーティスト」にもノミネートされた。16年、3作目『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』(全英5位)で待望の日本盤デビューを果たし、4月のHostess Club Presents Sunday Specialにて初来日公演も敢行。ドラマーにバッジー(スージー・アンド・ザ・バンシーズ)を迎えた豪華バンドを率いての初来日は大きな話題となった。同年8月、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで再来日を果たす。