Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.07.11チャーチズ、パラモアのH・ウィリアムスをフィーチャーしたシングルのMVを公開

チャーチズ、パラモアのH・ウィリアムスをフィーチャーしたシングルのMVを公開

チャーチズがパラモアのヘイリー・ウィリアムスをフィーチャーしたシングル「Bury It (feat. Hayley Williams Of Paramore)」のMVを公開!

グラスゴー出身の人気エレクトロポップバンド、チャーチズがパラモアのヘイリー・ウィリアムスをフィーチャーしたシングル「Bury It (feat. Hayley Williams Of Paramore)」のMVを公開しました!

「Bury It (feat. Hayley Williams Of Paramore)」のMVはこちら


ジェイミー・マッケルビーとマイティー・ナイスにより制作されたこのMV。ジェイミー・マッケルビーは2013年のデビュー以来バンドのポスターなどのデザインを数多く手がけてきました。

このコラボレーションはごく自然の流れだったとメンバーのイアンとジェイミー・マッケルビーは語っています。


「ジェイミー・マッケルビーがポスターのデザインを手がけるようになってからずっと、僕らのクリエイティヴな関係をより推し進められないか話し合っていたんだ。」

イアン・クック

「音楽からは常に大きな影響を受けていて、MVを制作することはごく自然な流れだったと思う。チャーチズやヘイリー・ウィリアムス、マイティー・ナイスのようなコラボレーター達とともにMVをつくる機会を得たことは想像以上に素晴らしい経験だったよ。」

ジェイミー・マッケルビー

また昨年9月にリリースされた『エヴリ・オープン・アイ』のデラックス・エディションが7月に発売されることが決定!
ヘイリーをフィーチャーした「Bury It」はもちろん、アルバム収録曲のリミックスも多数収録される予定です!


チャーチズ日本公式サイト
http://hostess.co.jp/chvrches/



Release Infoリリース情報

CHVRCHES - Every Open Eye (Extended Edition)
Every Open Eye (Extended Edition)
byCHVRCHES

レーベル:Hostess
海外発売日:2016/7/29(金)

<トラックリスト>
01. Never Ending Circles
02. Leave A Trace
03. Keep You On My Side
04. Make Them Gold
05. Clearest Blue
06. High Enough To Carry You Over
07. Empty Threat
08. Down Side Of Me
09. Playing Dead
10. Bury It
11. Afterglow
12. Get Away
13. Follow You
14. Bow Down
15. Warning Call (Theme from Mirror's Edge Catalyst)
16. Bury It (feat. Hayley Williams of Paramore)
17. Leave A Trace (Four Tet Remix)
18. Empty Threat (Big Wild Remix)
19. Clearest Blue (Gryffin Remix)

※「Bury It (feat. Hayley Williams)」iTunes配信スタート&アルバム予約受付中!(高音質Mastered For iTunes仕様)
https://itunes.apple.com/jp/album/every-open-eye-extended-edition/id1122488026?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Short Biographyショート・バイオ

グラスゴー出身のローレン・メイベリー(Vo)、マーティン・ドハーティ(Key,Vo)、イアン・クック(Key,B,Vo)で結成した3人組バンド。注目新人を選ぶBBCサウンド・オブ・2013で5位を獲得。レーベル契約前からネットを中心に人気が爆発。13年3月、配信と12インチシングルで『Recover EP』を発表。同月に出演した米テキサス州オースティンで行なわれた世界最大の音楽コンベンションSXSWでは、会場に詰めかけたオーディエンスと音楽関係者で超満員となった。同年7月日本独自企画盤『EP』で日本デビュー。8月にはサマソニで初来日を果たし話題をさらった。9月、待望のデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』をリリース。全英チャート初登場9位(10/5付)、全米チャート12位(インディー1位)(10/12付)を記録。14年2月にはHostess Club Weekenderに加え東京と大阪で単独公演を行った。15年9月にセカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』をリリース。国内外の年間ベストアルバムにも続々と選出されるなど、そのキラキラとしたポップ・サウンドは変わらぬ人気と高評価を得ている。