Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.06.22ティーンエイジ・ファンクラブが10枚目となる新作『ヒア』を9月にリリース

ティーンエイジ・ファンクラブが10枚目となる新作『ヒア』を9月にリリース

グラスゴー音楽シーンの良心、ティーンエイジ・ファンクラブが6年の沈黙を破り、10枚目となる新作『ヒア』を9月にリリースすることが決定!

6年の沈黙を破り、グラスゴー音楽シーンの良心、ティーンエイジ・ファンクラブが10枚目となる新作『ヒア』を9日9日に(日本盤詳細は後報にて)バンドが運営するレーベル、Pemaからリリースします。ここ日本でも絶大な人気を誇るギター・ポップ・バンドである彼等が新旧ファンの期待を裏切らないポップで暖かなティーンエイジ・ファンクラブ節全開の傑作アルバムを完成させました。


更にアルバム・リリースの発表と共に新アルバム『ヒア』から1stシングル「I'm In Love」の音源を公開しました。

1stシングル「I'm In Love」の試聴音源はこちら


デビュー・アルバムから26年、創設メンバーであるノーマン・ブレイク、レイモンド・マッギンリー、フランシス・マクドナルドの3人で組んでいた前身のバンド、ザ・ボーイ・ヘアドレッサーズから約30年が経った今でも以心伝心で伝わるミュージシャンシップと唯一無二のソングライティングは全く変わっていません。 今作は3人のソングライターとバンドのサウンドマンであるデヴィッド・ヘンダーソン、ドラマーであるフランシス・マクドナルド、キーボードのデイヴ・マッゴーワンと共に3ヵ所のスタジオにて制作されました。フランス、プロヴァンス地方の片田舎にあるヴェガ・スタジオ、グラスゴーにあるレイモンドの自宅スタジオでレコーディングされ、そしてドイツ、ハンブルグにあるクラウド・ヒルにてミキシングされました。


今まで通り、アルバムではバンド内の民主主義に乗っ取ってノーマン、ジェラルド、レイモンドの3人のソングライターがそれぞれ4曲ずつの作詞作曲を務めています。アルバムは一聴してティーンエイジ・ファンクラブの曲だと分かるポップで爽やかな「I'm In Love」から始まり、間違い無い友情への賛歌「With You」など人生と愛について歌った12曲の至極のギター・ポップが収録されています。


アーティスト公式ウェブ: http://www.teenagefanclub.com/



Release Infoリリース情報

Teenage Fanclub - Here
Here
byTeenage Fanclub

海外発売日:2016.09.09(金)
レーベル:PeMa / Hostess
価格:輸入盤オープン・プライス

<トラックリスト>
01. I'm In Love
02. Thin Air
03. Hold On
04. The Darkest Part of the Night
05. I Have Nothing More To Say
06. I Was Beautiful When I Was Alive
07. The First Sight
08. Live in the Moment
09. Steady State
10. It's a Sign
11. With You
12. Connected to Life

※日本盤の詳細は後日お知らせさせて頂きます。
※ティーンエイジ・ファンクラブのiTunesアーティスト・ページはこちら
https://itunes.apple.com/jp/artist/teenage-fanclub/id1295756?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Short Biographyショート・バイオ

スコットランドはグラスゴー出身のギター・ポップ・バンド。90年にデビュー・アルバムをリリースし、当時のオルタナ・ムーブメントと同時に世界で大ブレイクを果たした。09年までに、8作のスタジオ・アルバムを発表。97年の6作目『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』は、全英チャート3位を獲得、バンド史上最高の記録を残した。05年には、 自身のレーベル"PeMa"を立ち上げ、アルバム『マン・メイド』を発売、全英34位のヒットを記録。3人のソングライター兼ヴォーカリストが共存し、時には楽器の役割分担もシャッフルするという実にユニークなバンド編成&形態からなる彼等。そんな彼等だからこそ実現できる楽曲は、本国は勿論、ここ日本のリスナーを数多く魅了してきた。09年のサマーソニックでの来日を果たし、往年のファンだけでなく、新たな若い層のオーディエンスをも魅了。前作『シャドウズ』以来6年ぶり通算10作目となる待望のニュー・アルバム『ヒア』を今年9月にリリース。そして17年3月、約7年ぶりとなるジャパンツアーを行うことが決定した。